香りがやわらかく甘みが強い「花ニラの湯引き オイスターソースがけ」

ぐるなび / 2014年9月19日 13時10分

9月13日放送の「食彩の王国」(テレビ朝日系、毎週土曜午前9時30分)では、「高知発! 元気はつらつニラ物語」と題して、中華料理店「華珍園 別館」(高知県高知市)が紹介された。

 今回「花ニラの湯引き オイスターソースがけ」(※花ニラ料理は要問い合わせ)が登場した。食用にする花ニラは、ニラの花が咲く前のつぼみと茎のことをいう。日本では収穫量が少ないが、中国では好んで食べられてきた食材だ。つぼみが付いた花茎の部分のシャキシャキとした独特の食感と、爽やかな甘みが特徴だ。花ニラの食感を損なわないように慎重にゆで上げ、サッと湯がいたホタテと合わせて器に盛り付け、熱したごま油を注いで、オイスターソースをかけて完成だ。

 熱が加わり、花ニラの優しい香りが立ちのぼる。茎のシャキッとした食感と甘みがホタテのうまみと相まって絶妙な一品に仕上がっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング