石ちゃんが堪能! 船橋で50年以上愛されている地元グルメ「ソースらーめん」

ぐるなび / 2014年9月18日 20時10分

9月13日に放送された「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)のコーナー「石塚英彦の通りの達人」で、タレントの石塚英彦さんが中華料理店「大輦(だいれん)」(千葉県船橋市)を訪れた。

 同店では、船橋で50年以上愛されているという地元グルメ「ソースらーめん」が味わえる。石塚さんは「ソースらーめんハムカツのせ」(850円 税込み)を注文。豚骨と鶏ガラの中華スープにウスターソースの特製だれを合わせるオリジナルのスープと、チャーシューではなくハムカツをのせるのが特徴だ。

 まずスープから口にした石塚さんは「ソースのちょっとした酸味がいいですね。まいう~ですこれ」とコメント。続いて麺をすすり「途中で目を閉じると、みずみずしい焼きそばを食べているみたいな感覚」と語った。さらに特徴のハムカツを食し「スープがソースなのでカツと合う」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング