もちもち食感の秘訣は米を使った生麺! 鶏の旨みが染みわたる「あっさり蒸し鶏のフォー」

ぐるなび / 2014年9月24日 19時10分

9月20日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「アジア大会2014応援グルメ! その国に行った気になれる本格アジアグルメ特集」と題し、リポーターの寺田ちひろさん、早川真理恵さんが「チョップスティックス 吉祥寺店」(東京都武蔵野市)を訪れた。

 今年4月にオープンした同店の一番人気は、乾麺ではなく生麺を使用した「あっさり蒸し鶏のフォー」(650円 税込み ※パクチー抜き注文可能)。フォーには日本米を使用していて、かむともちもちとした食感や米の風味が楽しめる。スープは鶏ガラにタマネギやショウガなどの香味野菜を入れ6時間じっくり煮込み、ベトナムから取り寄せた魚介ベースの調味料・ニョクマムを加えベトナムの味を再現。さらに昆布を入れてだしをとり、さらなる旨みと食べやすさを追求している。

早速フォーを味わった二人は、「もっちもち! 全然食感が違いますね。普通のフォーって噛んだ瞬間プチプチって切れちゃいますけど、しっかり食感が残っていて跳ね返ってきます」「かめばかむほど、お米の香りが鼻に抜けてくる」とコメント。スープを口にした寺田さんは「あっさり!」と驚き、早川さんは「鶏の味がよく出てますね~」と語った。  
また、トッピングの蒸し鶏は一晩塩水に浸けて肉質を軟らかくし、スープと同じ鶏ガラのだしに一日漬け込んで作ったもの。二人は「軟らかい! しっとりしてるね~」「中から鶏の甘さがじゅわっと出てきました」と目を細めた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング