コショウとバターの風味豊かなカルボナーラ風うどんに森泉が大満足!

ぐるなび / 2014年9月26日 17時10分

9月24日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「あなたの代わりに行ってきます!」のコーナーで、タレントの森泉さんが「手打十段うどんバカ一代」(香川県高松市)を訪れた。

 店内に著名人のサインが数多く飾られる同店は、オリジナリティーあふれるメニューが人気。自慢のうどんに加え、トッピングも、ちくわ、チキンカツ、カニクリームコロッケ、ポークマンソーセージ、カニの天ぷらなどバラエティーに富んでいる。森さんは常連だというお客さんにおすすめを尋ね、「温 釜バターうどん(小)」を注文。コシだけでなく、舌触りや喉越しに至るまで研究された麺の上に、コショウとバター、地元の新鮮な生卵がのっており、和風だししょうゆを少し垂らして味わえば、まるでうどんのカルボナーラのよう。

 森さんは「温 釜バターうどん(小)」を口にすると、「すごい、洋(風)! 濃いけどクリーミー。新しいうどんの食べ方」とコメント。その後も箸を止めることなく、「おいしい。バターの香りが超良い香り。やっぱり胡椒が入るだけでカルボナーラっぽくなるね。意外に外国人が好きかも。けっこうボリュームあるよ!」と満足げに語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング