双子のおじいちゃんが作る昔ながらの手作りパン 人気は1日限定20個程度の「ミートロール」

ぐるなび / 2014年10月6日 20時10分

10月2日放送の「腹ペコ!なでしこグルメ旅 予習復習スペシャル」(テレビ東京系、午前2時5分)にて「日本橋モダングルメ」と題し、お笑いコンビの「ブラックマヨネーズ」とタレントの佐々木健介さんらが「サンドウィッチパーラーまつむら 人形町本店」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は、1921(大正10)年創業の老舗の手作りパン店で、店内には約100種類ほどのパンが並び、どれも手間を惜しまず昔ながらの製法で作り続けているそう。かめばかむほど、ほんのりとした甘みが広がるのが同店の特徴だ。さまざまな種類のなかで根強い人気があるのが惣菜パン。もちろん具材も手作りしている。イチオシは「ミートロール」。50年前から販売されていて1日20個ほどしか作られないので即完売してしまうそう。人気の秘密はミートソースにある。具材であるミートスパゲティは自家製のデミグラスソースを使用。炒めたタマネギと挽肉を合わせコクのあるソースになる。そのミートスパゲティをパンに挟み完成だ。素朴ながらも飽きのこないどこか懐かしい味わいを楽しめる。

 佐々木さんは「ミートロール」に豪快にかぶりつくと「ミートソースでパンって俺初めて。合いますね。歴史を感じますね」と下町の味を堪能した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング