神保町の名店 江戸っ子店主が作る昔ながらの東京ラーメンと半チャーハン

ぐるなび / 2014年10月9日 17時10分

写真

さぶちゃん

10月8日に放送された「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)では、「なないろ散歩~神保町お宝探し~」と題して、落語家の春風亭ぴっかり☆さんがラーメン店「さぶちゃん」(東京都千代田区)を訪れた。

 のれんに描かれたラーメンの文字がどこか懐かしい雰囲気で、店内は満席の大繁盛ぶりだ。店主は地元で愛される江戸っ子で御年76歳、今も現役だ。「味付けとかはいい加減」とは言いながらきっちり仕事をしているのが江戸っ子の粋。鶏や豚、昆布のだしにショウガを利かせた昔ながらのスッキリスープに、創業以来変わらない縮れ細麺を絡めれば、人々に愛される東京ラーメン「らーめん」(600円 税込み)の完成だ。

 食したぴっかり☆さんは「本当に昔ながらの中華そばっていう感じ。ショウガが効いていて、すごいおいしい」とコメント。もうひとつの名物が、半チャーハンとラーメンのセット「半ちゃんラーメン」(750円 税込み)。創業当時から変わらないチャーハンを食すると、ぴっかり☆さんは「チャーシューがいっぱい入っています、ゴロゴロ。なんかお米が大きい」と話した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング