創業以来約50年も取材NGだった箱根にある和食店の「海鮮かき揚丼」

ぐるなび / 2014年10月22日 11時10分

10月19日に放送された「初めて○○やってみた」(テレビ朝日系、毎週日曜午後11時15分)で、「番組スタッフが…箱根でテレビ初公開のお店を探してみた」と題し、同番組のディレクターとアシスタントディレクターが「めし処 大和(だいわ)」(神奈川県箱根町)を訪れた。

 同店は強羅駅から徒歩約1分の場所にある。創業以来約50年、観光客の胃袋を満たしてきた和食店だ。これまでテレビ取材は全て断り続けてきたというが、取材当日、台風のため「たぶん暇だろうから」と店主が特別に初のテレビ取材を許可してくれた。

 イチオシメニューは「海鮮かき揚丼」。合計10種類の新鮮な具材にこだわっているかき揚は、丼一面に広がる大きさで、厚さも分厚くボリューム満点だ。その味にスタッフの2人は「具が多いから食べているとどんどん違う味が(口の中に)入ってくる」「たれの味も絶妙」と絶賛するコメントを残した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング