高級食材盛りだくさん!ふわふわとろとろの絶品天津飯「俺の揚子江 銀座4丁目」

ぐるなび / 2014年11月5日 12時10分

10月31日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)にて、「寒い秋にポカポカ 絶品あんかけグルメ特集」と題し、リポーターの川村綾さんが「俺の揚子江 銀座4丁目」(東京都中央区)を訪れた。

「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」で有名な俺の株式会社が運営する同店は、リーズナブルな価格で高級食材も入った美味しい中華が楽しめるとあって、ランチ激戦区の銀座でも行列のできる人気店だ。なかでも目を引く人気メニューが「フォアグラとトリュフの天津飯」(1180円 税込み)だ。アツアツとろとろの天津飯からは食欲をそそる甘い香りが立ち上り、柔らかそうな卵の上には分厚いフォアグラが鎮座している。さらにはスライスされた黒トリュフがたっぷりと散らされており、なんとご飯の中にまでトリュフが混ぜ込まれている。世界三大珍味の二つを贅沢に堪能できる一品だ。

 川村さんは「フォアグラとトリュフの天津飯」を食べ、「甘めの餡に濃厚なフォアグラ!後からトリュフのいい香りが抜けてくる感じが贅沢ですよね!」と興奮。砂糖を使わず、ワインの甘みだけで味を整えた餡には「餡に特徴があって、優しい甘みで、すごくマッチしてますよね」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング