重量約2.5キロの「うまに丼」! 学生の強い味方、神保町の中華食堂

ぐるなび / 2014年11月5日 17時10分

10月31日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「寒い秋にポカポカ 絶品あんかけグルメ特集」と題し、リポーターの川村綾さんが「徳萬殿(とくまんでん)」(東京都千代田区)を訪れた。

 同店は地下鉄神保町駅から徒歩約1分の場所にある。昼時にはいつも大盛況になる創業60年の中華食堂だ。人気の秘密は、味の良さと量の多さ、コストパフォーマンスにある。学生街だけあって、若い人にいっぱい食べてほしいということでどんどん量が多くなったという。今回紹介する人気メニューは「うまに丼 大盛り」。お皿からあふれ出しそうな具材は、ニンジン、白菜、モヤシ、キクラゲなど。たっぷりの野菜としょうゆベースのあんが絶妙に絡む一品だ。

 川村さんは運ばれてきた皿を手に持って「重たい。見てください、この量!」と驚きの表情を見せた。驚くのも無理はない。重さはなんと約2.5キロだ。続いて食すると「(あんの)塩加減がちょうど良くてシンプルな味わい。懐かしい感じ」とあんかけの味とボリュームに感嘆していた。常連客も「この値段で、この量を食べられる所は知りません」と話した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング