「さまぁ~ず」も興味津々! 老舗中華店によるアイデア料理「餃子うどん」

ぐるなび / 2014年11月5日 16時10分

11月2日放送の「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時30分)では、お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズさん、大竹一樹さん、アナウンサーの狩野理恵さんが、宇都宮市周辺を散策。「味一番」(栃木県宇都宮市)を訪れた。

 店先に掲示された「餃子うどん」のPOPに惹かれて、大竹さんらは店を訪れた。こちらは、1958(昭和33)年創業の中華料理店。「餃子うどん」は元々、店のまかないとして作られており、餃子の皮を作った余りの生地を再利用したアイデア料理だ。別皿の肉味噌にうどんのだしを入れてつけ汁を作り、つけ麺のようにしていただく一杯。

 一行らは「餃子うどん」を食すと「うまい!」「(餃子の皮と)言われないと分からない」などと次々にコメントし、その変わったうどんの味に満足した様子だった。店主の印東さん は、締めにご飯を入れて食べる方法もおすすめだと話した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング