目の前の大型グリルカウンターで焼き上がる「国産牛 T-Bone 1,000g」

ぐるなび / 2014年11月12日 16時10分

写真

メトロポリタングリル

11月3日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)で「秋の美女祭り!肉食女子大集合!がっつりグルメお値段当てバトルSP」と題し、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の2人、モデルのマギーさん、タレントの小島瑠璃子さんらが「メトロポリタングリル」(東京都新宿区)を訪れた。

 店内に直径1.8メートルの大型グリルカウンターが設置され、備長炭や桜の薪(まき)で食材をじっくり焼き上げる。また肉の熟成庫を備え、話題の熟成肉も提供している。今回紹介されたのは、サーロインとテンダーロインの2部位が楽しめるぜいたくな骨付きステーキ「国産牛 T-Bone 1,000g」(1万7600円 税・サービス料抜き)。スパイスコンシェルジュが肉に一番合うスパイスを提案するサービスも利用すれば、さらにおいしさが広がる。

 テンダーロインを南インド・ケララ産の黒こしょうで食べたマギーさんは「軟らかい! おいしい! 結構スパイシーですよね。お肉ととっても合う」と堪能した。サーロインを食べた「博多華丸・大吉」の2人は「肉うまい! たまらん!」と満足した様子だった。

■話題のお店に追加取材■
 ヒルトン東京に新しくオープンしたダイニングフロア「TSUNOHAZU」内にある「メトロポリタングリル」は、食材にこだわりを持つグリル料理店。

「材料そのものの質が問われる調理法だからこそ、上質なものを使ったグリル料理に挑戦しているんです」と話してくれたのは、同店広報の重松さん。香り高く軟らかい肉質が特徴のフランス・ブレス地方産ローストハーブチキンや、臭みが少なくジューシーなオーストラリア産熟成ラムラックなど、ヒルトン東京の総料理長による厳選食材をグリルにしたメニューの数々が堪能できる。重松さんおすすめのメニュー「オーストラリア産 穀物飼育 ブラックアンガス サーロイン250g エイジング」(4800円 税・サービス料抜き)は、穀物での飼育によって適度に脂が乗ったオーストラリア産ブラックアンガスビーフを、ヒマラヤ岩塩のキャビネットで熟成させたエイジングビーフ。熟成肉ならではの軟らかさと濃厚な味わい、そして岩塩による適度な塩気がたまらない一品だ。

さらに選び抜かれた食材のうまみを一層引き出すために世界中のスパイスを取りそろえ、専門知識を持ったスタッフが、料理に合ったスパイスを振りかけてくれる。食材から仕上げの香辛料まで妥協のない同店で、肉の奥深さに触れてみてはいかがだろう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング