京都の人たちに愛される地元人気グルメ 平安時代から伝わる「衣笠丼」

ぐるなび / 2014年11月6日 15時10分

写真

本家 尾張屋

11月4日に放送された「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前5時25分)では「地元だけ大人気グルメ」と題し、リポーターの曽田麻衣子さんが「本家 尾張屋」(京都府京都市)を訪れた。

 540年続く老舗の同店にやって来た曽田さんのお目当ては、お揚げを卵でとじた「衣笠丼」。東京に住む京都出身者を対象に番組が行った「東京でも食べたい京都グルメ」のアンケートで第2位になった。街頭インタビューのコメントからも「食べたいなっていう思い出の味」「味がしみておいしい」と親しまれていることがうかがえる。

 曽田さんは、丼のふたを開けるなり「おいしそう」と一言発し、一口食べると「ふわふわ卵にだしをたっぷり吸ったお揚げ、それにネギのしゃきしゃき。これがご飯に合わないわけがない。素晴らしい」と評した。スタジオで試食したアナウンサーの永島優美さんも「お揚げと卵がご飯とよく合って、だしが効いていておいしい。優しい味」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング