本場四川の料理人が作る「中華料理 随苑」の本格麻婆豆腐

ぐるなび / 2014年11月13日 13時10分

写真

随苑

11月11日に放送された「バイキング」(フジテレビ系、毎週月曜~金曜午前11時55分)で速くて美味い店を紹介し、女優でタレントの江角マキ子さんと、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」のTAKAHIROさんが「中華料理 随苑」(東京都千代田区)を訪れた。

一行がやってきたのは幅広い年代が遊べる注目スポットとなっている神田の高架下にある「中華料理 随苑」。オープン3年目の同店はランチタイムとなるとサラリーマンを中心に連日大盛況である。来店客からは「早い。すぐに大体出てくる」などの感想が聞かれた。早さだけではなくおいしさも人気の理由であり、人気メニューの「ピーマンと豚肉の炒め定食」は、豚肉だけ先に油通しをしておくことで野菜のシャキシャキ感が残り、食べごたえのある一品で、「ニラとレバーの強火炒め定食」は、合わせ調味料に昆布だしを入れることで奥深い風味が日本人によく合う味付けで人気である。中でも「麻婆豆腐定食」は早くておいしく、大人気メニューであるという。実際調理から40秒で提供された。

麻婆豆腐が大好きだという江角さんは食べると満面の笑みで「美味しい」とコメント。店主の髙島さんに麻婆豆腐の秘訣を教えてもらうと、この豆腐の旨味とまろやかな食感を引き出す方法として、沸騰した鶏がらスープに豆腐を5分程浸すことで豆腐に適度に火が通りマイルドな舌触りを生むという。その後水切りで5分しっかりと水けをとばす。江角さんは「だからあのとろけるようなお豆腐でコクがでるんですね」と締めた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング