足で踏み、手でこねる! 湖を眺めながら食べる、こだわりそばに石ちゃん大満足!

ぐるなび / 2014年11月18日 16時10分

11月15日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)で、「石塚英彦の通りの達人 秋の味覚を堪能 茨城・真壁」と題して、タレントの石塚英彦さんが「真壁町直売所そば処つくし亭」(茨城県桜川市)を訪れた。

 同店は、つくし湖のほとりに佇み、窓から湖が一望できるそば専門店。うどんのように足で踏んで作るコシのあるそばが人気で、店員によると足で踏むだけでなく、手でも50回こねるのがポイントだという。石塚さんが食したのは「天ぷらそば」(900円 税込み)。ざるそばに彩り豊かな地元産の野菜を使った天ぷらが添えられている。

 石塚さんはそばをすすり、目を閉じてゆっくり味わったあと「まいう~」を連発。「まず(そばの)香りがいいのと、やっぱりコシがいいですね。うまっ」とコメントした。次に「(湖の紅葉のように)天ぷらも色づいてますね」とさつまいもの天ぷらを口に運ぶと「おうっ…スイート」と満足げな表情を浮かべた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング