棚田百選のお米と名水で炊き上げるご飯! 小豆島で味わう手作りおにぎり

ぐるなび / 2014年11月18日 17時10分

11月16日放送の「日本!食紀行」(テレビ朝日系、毎週日曜午前6時)で、「むすぶ~小豆島・千枚田と生きる~」と題して、瀬戸内海の小豆島にある「こまめ食堂」(香川県小豆島町)が紹介された。

 島の中央部・中山地区にある同店は、700年前から築き上げられた758枚もの棚田「千枚田」に囲まれた精米所を改装した人気食堂だ。看板メニューは、島でとれた魚と手作りの小鉢がついた「棚田のおにぎり定食」。主役は昔ながらのガス釜で炊き上げたご飯を、熱いうちにふっくらと握ったおにぎりだ。「日本の棚田百選」に選ばれている「千枚田」で収穫したお米と、「名水百選」に選ばれた「湯船の水」を使う。店主が理想とする形に握ったおにぎりはお米一粒一粒が立ち、冷めてもおいしいという。多いときには1日100食以上も売り上げる人気メニューだ。

 来店客からは「お米がはりはりしてて、食感がよくて、とてもおいしかったです」「手作り感が出て、すごい温かい感じがしますね」などと好評を得ていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング