大船駅の歴史とともに歩んできた店で味わう出来たての「鯵の押寿し」

ぐるなび / 2014年11月26日 16時10分

11月21日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では、「昭和の香り残る 鎌倉大船さんぽ」と題して、俳優の榎木孝明さんが「茶のみ処 大船軒」(神奈川県鎌倉市)を訪れた。

 「大船軒」は駅構内でもよく見掛ける店で、1898(明治31)年に歴史を歩み始め「鯵の押寿し」で有名になった。さらに翌年、創業者の富岡周蔵がサンドウィッチを駅弁として売り出した。この「大船軒サンドウィッチ」(530円 税込み)に使用されていたボンレスハムは、後に鎌倉ハムのブランドとなっていく。

 今回、榎木さんが立ち寄ったのは、大船軒の本社にある「茶のみ処 大船軒」。「鯵の押寿し(5貫)」(600円 税込み)やそばが楽しめる。出来たての押寿しを、まずしょうゆを付けずにそのまま味わった榎木さんは「あ、いい味ですね」とその味わいを堪能していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング