六本木で楽しめる 熟成自家製麺を使ったオリジナリティーあふれる創作うどん

ぐるなび / 2014年11月28日 16時10分

写真

熟成自家製麺 ぶんぶく釜屋 六本木店

11月26日放送の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時55分)、「超速View」のコーナーで、創作うどん店「熟成自家製麺 ぶんぶく釜屋 六本木店」(東京都港区)が紹介された。

 同店では、どのうどんにも北海道産小麦で作った「熟成自家製麺」を使う。第1熟成では2時間以上、第2熟成では16~20時間以上かけている。およそ1日寝かせ、小麦のうまみが麺全体に行き渡るようにするという。

 「トリュフのカルボナーラうどん」(1300円 税込み)は、腰のある麺がトリュフの香り漂うクリーミーなソースにぴったりだ。「カリカリポテトとモッツァレラチーズのトマトソースうどん」(950円 税込み)は、ブロッコリーやパプリカなど野菜もたっぷり、酸味の効いたスープであっさり食べられる。定番メニューもひと味違い「お出しの効いたカレーうどん」(和牛1200円、ホエー豚980円 税込み)は、5種類の材料からだしを取った風味豊かな一品だ。

 来店客からは「うどん屋さんのメニューなの、という面白さがありますよね」「麺が太くて食べ応えがありました。おいしかったです」という声が聞かれた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング