グルメ雑誌編集長おすすめ! 肉本来のうまみを味わえる「かたまり肉」の絶品グルメ

ぐるなび / 2014年12月2日 17時10分

11月29日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、グルメ専門誌『dancyu』編集長の江部拓弥さん、リポーターの寺田ちひろさんらが「森のブッチャーズ」(東京都千代田区)を訪れた。

 神保町駅から徒歩2分、今年の3月にオープンした同店は、上質な肉をリーズナブルな価格で食べられると評判のお店。江部さんによると、「熟成肉などトレンドはいろいろありますが、今のおすすめはかたまり肉」なのだという。一行は、「ローストビーフプレート」(950円 税込み ※ライス・スープ・ドリンク付き)を注文。使用される肉は、赤身のおいしさで知られるアメリカ産アンガスビーフ肩ロース。この大きな肉のかたまりに塩コショウで下味を付けて一晩寝かせ、オーブンでじっくり焼いて余熱で芯まで火を通す。仕上げに、切り分けた肉の表面を備長炭でさっと炙り、香ばしさを加えて完成。料理が出されると「何ですか、このボリューム!」など驚きの声があがった。

 ローストビーフを口に運んだ寺田さんは「赤身のサッパリ感もありつつ、お肉のジューシーさも味わえてうれしい!」とコメント。江部さんは、「スライスしたお肉だとあっという間に火が通ってしまいますが、かたまりで焼くことによってゆっくり火を通して肉のうまみを閉じ込めることができる」と語った。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング