希少ブランド牛! うまみ溢れる尾崎牛を堪能できる肉バル 「ウィッフィ」

ぐるなび / 2014年12月2日 17時10分

写真

ウィッフィ

11月29日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、ナレーターのDJ TAROさんと、アナウンサーの笹川友里さんが肉バル「ウィッフィ」(東京都千代田区)を訪れた。

宮崎県産のブランド牛「尾崎牛」が堪能できる同店。尾崎牛は月間約30頭しか出荷されない希少な和牛で、生産農家である尾崎さんだけが育てているという。今回登場したのは「尾崎牛のステーキ(肩ロース)」。DJ TAROさんは一口味わうと、「尾崎牛のおいしさは、噛めば噛むほど肉の味が出てきてくれて、脂が少しずつスーッとひいていって、最後は口の中で一緒になくなる。赤身の極みです!」と満足げにコメントした。

 そんな尾崎牛をリーズナブルに楽しめる新メニューとして「尾崎牛100%のハンバーグ」を紹介。尾崎牛を大胆にもミンチにした一品だ。DJ TAROさんは、「赤身のお肉の場合、ジュワ~じゃないんですよ、お肉の断面に脂が溶けていてキラキラ輝いている」と語った。笹川さんは一口食すと、「ふわトロです」と微笑み、DJ TAROさんも「外側は焼き目で香ばしくて、中は熱の伝わり方でふわっトロッなんです。ベットだったらこの上で寝てみたいってくらいふわふわですね」と賛同した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング