吉祥寺ハーモニカ横丁がまだ闇市だった頃から続く老舗ラーメン店

ぐるなび / 2014年12月3日 15時10分

写真

珍来亭

12月1日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)では「昭和レトロを味わう 吉祥寺なないろ散歩」と題して、タレントの松本秀樹さんが「珍来亭」(東京都武蔵野市)を訪れた。

 同店は1951(昭和26)年に創業した老舗ラーメン店で、現在は3代目となる姉妹が切り盛りしている。松本さんは、案内したハーモニカ横丁元会長の水野さんも昔からよく食べているという「ラーメン」(520円 税込み)と「チャーハン」(520円 税込み)を注文した。

 松本さんは「ラーメン」の味について「あ~懐かしいぞ! 何だこれ! スープおいしい」とコメント。「最初からラーメン店なんですか?」という松本さんの質問に、3代目姉妹の妹は「母と祖父が戦後すぐにここが闇市だった頃に始めて、(味は)当時のままの通りに作っています」と答えた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング