プリっとした歯応えと軟らかな肉質をあわせ持つ逸品「極厚芯たん定食」

ぐるなび / 2015年1月8日 15時10分

写真

伊達の牛たん本舗

12月18日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)では「早朝の街を調査!ロバートとネクストブレイク美女が行く『朝んぽ』!」と題して、お笑いトリオ「ロバート」の山本博さん、秋山竜次さん、馬場裕之さんとモデルのニコルさんが、東京 丸の内 JPタワー「KITTE」を訪れ、その地下にある「伊達の牛たん本舗」KITTE グランシェ店(東京都千代田区)が紹介された。

 同店は行列ができる人気店だ。近くで働いているというニコルさんの大学時代の友人に偶然巡り合い、おすすめのランチを尋ね紹介された。

 店の人気メニューベスト3は「極厚芯たん定食」(1940円 税込み)、「厚切り芯たん定食」(1510円 税込み)、「彩り牛たん重」(860円 税込み)。中でも1位の「極厚芯たん定食」は牛たんのプリっとした歯応えを残しつつ、特に軟らかいといわれる「芯たん」を厚切りにしたぜいたくな一品だ。「厚切り芯たん定食」は、塩味、味噌(みそ)味、塩・味噌ミックスから好みで味を選べる。「彩り牛たん重」は、KITTE グランシェ店だけで数量を限定して販売される野菜たっぷりのメニューだ。

■話題のお店に追加取材■
東京都内にいながら仙台の味が楽しめる「伊達の牛たん本舗」。牛の舌の喉元に近い「たん元」といわれる部位から10~15センチほど奥の部分である「芯たん」を使い、家庭ではなかなかできない炭火焼きで牛たんをあぶって提供している牛たん専門店だ。

 番組で紹介された「厚切り芯たん定食」は、定番の塩味、オリジナル味噌で仕込んだ味噌味、塩味と味噌味のミックスの3種類から味が選べるうれしい仕組み。さらに分厚い「極厚芯たん定食」は、塩味のみで数量限定、ボリューム満点の食べ応えあるメニューだ。ほかにも、牛たんがゴロゴロ入った専門店ならではの「牛たんシチュー」(単品 1130円 税込み)や「牛たんカレー」(970円 税込み)、「牛たん入りつくね」(650円 税込み)などのアラカルトも用意している。そんな数多くある牛たんメニューのなかでも食べておきたいのが、「通定食」(860円 税込み※数量限定)。切り落としの牛たんを成型し、薄くスライスしたものを使ったリーズナブルな定食で、切り落としだが味は良いと“通”の客から評判高い。

 今回紹介した「厚切り芯たん定食」や「極厚芯たん定食」は、牛たんと麦ごはん、テールスープ、漬物、なんばん味噌漬をセットにしたお得なメニューだ。平日午後5時からは、ドリンク2杯、厚切り芯たん焼き、おつまみメニュー(日替わり)の「晩酌セット」もある。このほか、作りたてを持ち帰ることができるテイクアウトの弁当や土産もあるのでチェックしてみよう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング