隠れ家的名店・鉄板フレンチでいただく極上の焼きカレーに舌鼓

ぐるなび / 2015年1月6日 15時10分

写真

ahill

1月1日放送の「志村&所の戦うお正月2015」(テレビ朝日系、木曜午後0時)にて「渡部健vs勝俣州和 豪華芸能人おもてなし対決」と題し、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部健さんとお笑い芸人の勝俣州和さん、テレビ朝日アナウンサーの森葉子さんが、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんをゲストに迎え「ahill」(東京都港区)を訪れた。

 「ガッツリ食べられるカレー」という羽鳥さんのリクエストに応え、渡部さんが紹介した同店はライブ感覚で目の前の鉄板で調理してくれる隠れ家的フレンチ。深夜まで営業しているという事もあり芸能人もお忍びで通う名店だ。渡部さんがおすすめしたのは「ahill定番 焼きカレー」(1500円 税抜き)。A5ランクの和牛の脂身を使用し、タマネギとマッシュルームとともにご飯を炒め、11種類のスパイス、フォンドボーを効かせ2日間煮込んで作られたカレーと一緒に炒め、さらにおこげ状にしたご飯にルーをたっぷりかけた逸品。

 「ahill定番 焼きカレー」を食べた羽鳥さんは「今まで食べたカレーで一番おいしいかもしれない。いろんな野菜の味がして、あとはなんと言ってもおこげ! 最高ですね!」とコメント。食べ終わってからもその味の余韻を楽しんでいた。
 
※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング