開店以来400年も奉納し続けている由緒ある「稲荷箱そば」とは!?

ぐるなび / 2015年1月8日 17時10分

1月5日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では「2015年開運占い特集」と題して、陰陽師の橋本京明さんとタレントの藤原倫己さんが「稲荷蕎麦 萬盛 総本店(いなりそばまんせいそうほんてん)」(東京都文京区)を訪れた。

 同店はパワースポットとして知られている「慈眼院(じげんいん)澤蔵司(たくぞうす)稲荷」にそばを奉納している。江戸時代初期の創業から約400年間、店が営業している日には必ず、最初にゆでたものを届けているという。

 藤原さんは、奉納されているそばと同じ「稲荷箱そば」を注文。「気持ちちょっと長いかもしれないです、こちらのそば」と言って、箸を頭の上まで持ち上げ、そばの長さを見せた。橋本さんは「そばを細く切るのは、これからの世代が細く長くのびるようにとの意味がある」と語った。ダイナミックにすすった藤原さんは「おいしい! おそばは喉越しですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング