3辺狭額縁の最新AQUOSスマホはハイスペック&コンパクトさに注目!

&GP / 2017年10月13日 21時0分

写真

3辺狭額縁の最新AQUOSスマホはハイスペック&コンパクトさに注目!

シャープが、スマートフォン「AQUOS」の新モデルを発表しました。秋冬シーズンに発売されるのは「AQUOS R compact」と「AQUOS sense」の2機種。どちらも高画質と省電力が特徴のIGZOディスプレイを搭載したモデルです。

 

■進化した3辺狭額縁を採用した「AQUOS R compact」

AQUOS R compactは、今年の夏にフラッグシップとして発売されてヒット中の「AQUOS R」のコンパクト版といえるモデル。最大の特徴は、端末のデザインに合わせたディスプレイ形状を実現する「IGZOフリーフォームディスプレイ」を採用していること。前面の上部と左右がほぼベゼルレスの3辺狭額縁を実現しつつ、ディスプレイ上部にインカメラを配置するという先進的なデザインが目を引きます。

▲ムーンホワイト(左)とトルマリンブラック(右)

▲スマホに初採用された「IGZOフリーフォームディスプレイ」

画面サイズは4.9インチで、解像度はフルHD+(2032×1080ドット)ですが、手にしたときのサイズ感は、従来の4.7インチクラスの端末程度。片手でもスムーズに操作できそうです。

▲4.9インチの大画面ながら、片手で持ちやすいサイズ感

▲背面は光沢があり、リッチな質感

IGZOディスプレイは、120Hzのハイスピード駆動に対応し、画面の素早くスクロールしても、文字がちらつかず、動きの速い動画が見やすいこともメリット。動画をより鮮やかに再生する“バーチャルHDR”にも対応しています。

▲YouTube動画などを、より鮮やかでメリハリのある画質に変換して再生できる

従来モデルと比べて画像処理速度が役3倍になったというオクタコアCPUや、高速メモリ「LPDDR4X」も搭載。ハイスペックとコンパクトを両立させたモデルと言っていいでしょう。

 

■フルHDのIGZOを搭載しつつ、お手頃価格になりそうな「AQUOS sense」

新シリーズとして発売されるAQUOS senseは、幅広いユーザー層向けの “スタンダードモデル” という位置付けです。されど、5.0インチでフルHD(1920×1080ドット)のIGZOディスプレイを搭載し、動画をより鮮やかな色で再生する「バーチャルHDR」にも対応。RAMは3GBという、必要十分以上のスペックを備えています。

▲AQUOS senseは、ベーシックなデザイン

▲背面はサラサラに見えて、しっとりとした手触りで、指紋が付きにくい

▲シルキーホワイト(左)と、ベルベットブラック(右)

防水・防塵に対応していることに加えて、独自のタッチパネルチューニングにより、画面に水滴が付いていたり、指が濡れていても、スムーズにタッチ操作ができることも特徴。

このAQUOS senseは、すでにauが取り扱うことが発表されていて、11月上旬発売予定。価格は3万2400円(税抜)で、毎月割の適用後の実質負担金は1万6200円(税抜)。コスパの高さにも期待してよさそうです。

なお、AQUOS R compactが、どのキャリアから発売されるのかは、まだ発表されていません。AQUOS senseについてもau以外からの発売予定について言及されませんでした。ですが、NTTドコモとソフトバンクから、どちらかのモデルが発売されるのは間違いないはず。キャリアからの正式な発表を待ちましょう。ちなみに、NTTドコモは10月18日に新製品発表会を開催予定です。

▲AQUOS R compact、AQUOS senseともに、振り向く卓上ホルダー「ロボクル」に対応。AI機能「エモパー」は7.0へと進化し、ニュースの読み上げにも対応

▲アクセサリーを拡充することも発表された

 

>> シャープ・スマホ「AQUOS」

 

(取材・文/村元正剛

むらもとまさかた/ITライター

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

&GP(アンドジーピー)

トピックスRSS

ランキング