モチベーションも効率も一気に上がるステーショナリー10選【2017傑作品 GP AWARD】

&GP / 2017年12月22日 20時0分

写真

モチベーションも効率も一気に上がるステーショナリー10選【2017傑作品 GP AWARD】

便利なスマホの機能やデジタルデバイスが、これまでの文房具を代替し始めて久しい。そんな中でも、文房具は単に利便性の追求だけでなく、所有する価値、手を動かして使う価値を提案。そんな価値のある文具を紹介していこう。

■使うほどにエイジングが楽しめるペンケース

ロンド工房
「dünn Altern Passport & Pencase」(9720円)

 

 

薄くて軽い本革を採用するケース。ペンなら10 本以上が入り、ハサミや修正テープなども収納できる。横幅はパ スポートがピッタリと収まるサイズ。握りやすくトラベルポーチとしても使える。

 

■4ページが一覧できて効率アップが期待できる

レイメイ藤井
「キーワードデュアルリングバインダー」
(聖書サイズ:3780円/ポケットサイズ:3240円)

4ページのリフィルを一覧できるバインダー型のシステム手帳。蛇腹形状で、手持ち使用時には2ページだけを開ける。例えばスケジュールとノート、仕事用とプライベート用など幅広い使い方が可能。W120×H186×D33㎜(聖書サイズ)

■たっぷり入れても取り出しやすい!

コクヨ
「ペンケース シェルブロ」(1620円)

ファスナーを開けると底面が広がる大開口シェル型構造で、ガバッと開いて目的のペンがすぐに見つかる。収納できるペンは約35 本。蓋の内側には、定規やふせんを入れるのに便利なメッシュポケット付き。

 

■ペンをチラ見せしつつしっかりと固定できる!

あたぼう
「Pen4lder」(6264円)

 

4本のペンを留めてシステム手帳などに挟んで持ち歩ける。ペンクリップのある細いものから、直径1㎝ほどの太さのペンまで対応。表面に山羊革、裏面には合成皮革を使い、ペンを留めるゴムには、伸びに強い柔軟な素材を採用している。

 

■文庫本から辞書にまでフィットするカバー

ベアハウス
「フリーサイズブックカバー」(1620円)

文庫本からハードカバー、マンガや辞書にまで対応するブックカバー。本の上下幅に合わせてカバーを縮めて面ファスナーで仮止めし、一般的なカバーと同様に本を包むだけ。肌に優しいノーホルマリン加工を施した生地を採用する。

 

■フルネームもOK!ひと味違うネーム印

シヤチハタ
「スクエアネーム12」(Aタイプ:2700円/Bタイプ 3024円)

印面が12㎜角で、枠などに合わせて真っ直ぐきれいに捺せる。スタンダードなAタイプは縦書き・横書きに対応。書体は楷書、行書、篆書、勘亭流などから選べる。Bタイプは白抜き文字やマークなどが使え、よりユニークな印面が作れる。

 

■斜めに繰り出すゲージは穴開け時に邪魔しない

マックス
「穴あけパンチ シフォネル」(669円)

穴を開ける位置合わせ用のゲージを側面に用意。収納状態で穴開けしても用紙にゲージが当たらないよう、斜めに繰り出すよう設計されている。塗装された表面は指紋が付きにくく、シフォン生地のようなサラサラとした感触だ。

 

■クリップで留められて、おしゃれで使いやすい

カンミ堂
「クリップココフセン」(Mサイズ:421円/Sサイズ:453円)

クリップ型のケースに収納されたフィルムふせん。手帳、書類、バインダー、カバンなどに留めておけば、ふせんを使いたい時にサッと付けられる。使い切った際は別売りの「ココフセン」(270円~)を付け替えて使い続けられる。

 

■切る時の音が気持ちいい切れ味が抜群のハサミ

カール事務器
「エクスシザース」(7560円)

刃には、従来の2 倍となる厚さ3㎜のステンレス鋼板を採用。職人の水研ぎによる刃付けで、鋭い切れ味を実現した。刃渡りは70㎜。エラストマー単一素材で成形されたハンドル外周は、指に掛かる力が分散され、使用時の負担は少ない。

 

■20mの超長尺テープで最高のコスパを誇る

プラス
「ホワイパー LT」(378円)

シリーズ最長となる20m分のテープを搭載した、使い切りタイプ。白色層の厚みを約11% 減らし、紙面との段差を少なくしたテープを採用。再筆記時の削れや剥がれが発生しにくい。片手で操作できるスライド機構でヘッドを収納でき、キャップ紛失の心配もない。

【識者の目_文具営業専門家・寺西廣記さん】
作り手の思いとSNSの口コミが文具の成熟を促している

「2017年の文具はデザイン性、機能性を追求している文具が多く見られた。中でもヒットする文具のキーワードは『ありそうでなかったモノ』。例えば、今年の日本文具大賞で、デザイン部門のグランプリを獲得した、ぷんぷく堂の『あなたの小道具箱』。評価ポイントは、これまで存在していた『箱』としての存在を提案している点だとされています。

また、質やデザイン、機能を追求した文具には『音』が宿ります。同じく機能部門でグランプリを受賞した、カール事務器の『エクスシザース』も切れ味に加えて、切る時の『音』と、手に伝わる『感覚』が、さらに価値あるものにしてくれます。

このように、職人の技術やこだわりから生み出された文具が増えています。大量生産できないからこそ、作り手の思いが価値を創造し、SNSなどの口コミにより、メーカーとユーザーとが一体となってその文具をじっくりと成長させていくことになったのだと思います。それぞれの文具には見た目、使い勝手、機能性以外にも注目すべき楽しみが存在しています。多彩なデジタルデバイスにより、時間短縮が可能な今だからこそ、こだわりのあるアナログな『文具』をじっくりと味わって欲しいです」

●寺西廣記さん
都市ガス会社での勤務後に、祖父が創業した老舗筆記具メーカーに転職。現在は「ベンチャー文具メーカー」を育てるための、独自のビジネスモデルを実践中

本記事の内容はGoodsPress1月号42-43ページに掲載されています

(文/河原塚 英信 写真/松山勇樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング