まるで無重力のような座り心地ってどんな感じ?

&GP / 2018年3月18日 10時0分

写真

まるで無重力のような座り心地ってどんな感じ?

春からインテリアを一新したいと思っている方、椅子をチェンジしてみませんか? 座り心地がよい椅子があれば心も身体もリラックスでき、生活空間がぐっと豊かになります。フランスのアウトドアファニチャーブランド・Lafuma(ラフマ)から登場した “無重力のような座り心地”。それってかなり気になります!

Lafumaの新作「R CLIP(アールクリップ)」(4月発売予定)は、“ゼログラヴィティ(無重力)姿勢理論” に基づいたリクライニングチェア。ゼログラヴィティ姿勢理論とはNASAが研究を進めたもの。股関節の角度が127~128度、および膝裏の角度が 133度で心臓と膝が平行に並ぶ姿勢が身体に一番負担がなくリラックスできるということなんです。それを取り入れた「R CLIP」は肩・背中・腰に負担がかからない抜群の座り心地。本国フランスの産婦人科でも採用されており、妊婦さんや産後のママが座っているのだとか!

嬉しいのはアウトドアでも使えるという点。シート素材には、フランスのSerge Ferrari社の「バティライン ISO」を採用し、防カビ・抗UV性に優れ、高染色堅牢度を備えています。また、お手入れもカンタンで折り畳んで収納することも可能です。

テラスに置いてぽかぽかの陽気のもと無重力のような座り心地を堪能するってイイですね! 可愛らしいキャンディーカラーも必見です。

>> Lafuma「R CLIP」

 

 

(文/&GP編集部)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング