新カテゴリ「ふとん家電」から土鍋を楽しむ炊飯器まで!最新家電レポ3選

&GP / 2018年3月22日 18時0分

写真

新カテゴリ「ふとん家電」から土鍋を楽しむ炊飯器まで!最新家電レポ3選

<家電女優・奈津子×安蔵靖志の最新家電家電レポ3選【2018年2月・前編】>

元SDN48で家電アドバイザーの資格も取得し、「家電女優」として活躍の幅を広げる奈津子さんと、AllAbout家電ガイドや家電アドバイザーとしてテレビやラジオ番組、雑誌やWebサイトなどで活動するIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志が、最新家電の注目ポイントについて語り合う連載企画。

今回は布団内を安眠温度に保つ「ふとん家電」からフワッフワの土鍋ご飯を毎日楽しめる炊飯器まで。2018年2月に発表・発売された家電を紹介します。

■人を安眠に導く「ふとん家電」が登場!

安蔵:世界で初めて「ふとん掃除機」を発売し、大ヒットを飛ばしたレイコップから、「ふとんコンディショナー FUTOCON」が登場しましたね。温風・送風機能を搭載する機器と、東洋紡と共同開発したシングルサイズのマットレスがセットになったモデルで、寝床内温度を安眠に最適な33±1℃に保ってくれるというのが大きな特徴です。

▲レイコップ・ジャパンが2018年3月に発売した「ふとんコンディショナー FUTOCON」(実勢価格12万8000円)

奈津子:私、実はある企画で実際に2週間、毎晩使用して就寝時に使っていたんです。その結果、驚くほど眠りの質が向上したました。元々は不眠気味で生活サイクルも不規則なんですけど、寝つきと目覚めが良くなっただけでなく、体がしっかりと休まった感覚も久々に得られました!

▲ふとんコンディショナーで寝てみたところ

安蔵:それはありがたいですね。

奈津子:現在私がレギュラー出演している『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系列)のロケでは、5時起きで片道の移動時間だけで4~5時間とかがザラにあるので、いかに上質な睡眠を手早く取り、サッと起きられるかが私自身の大きな課題だったんです。

安蔵:睡眠には33±1℃が最適ということですが、意外と高いんだなと感じました。暑くはなかったですか?

奈津子:「睡眠ケア」モードの標準は33℃ですが、好みに合わせて30~36℃まで設定できます。33℃ではさりげない暖かみを感じるような印象ですけど、それよりも高温に設定したら翌日に喉と肌が若干乾燥したので、必要に応じて加湿器も併用しました。送風設定にすると夏場に最適な、ひんやりした状態になるので、寒くても暑くても1年中使えるところに魅力を感じました。

▲ふとんコンディショナーの操作部

▲寝床内温度を約33℃に保つことが安眠には重要とのことだ

安蔵:睡眠中に送風し続けるため、動作音が気になるところですが、大丈夫でした?

奈津子:動作音は38db以下に抑えたということですが、最初の3日間は気になりました。でもそれ以降は耳が慣れましたね。

安蔵:ふとんコンディショナーは就寝時刻と起床時刻を設定するだけで、入眠に最適な温度をキープしてくれるというシンプルなものなので、夫婦2人のベッドとかでも使えそうなんですよね。そういう意味では、シングルサイズだけというのがちょっと残念に感じました。

▲東洋紡と共同開発したマットレス「エアマット」が付属している

奈津子:今後はサイズ展開も考えているようなので、それに期待したいところですね。

安蔵:ふとんとして床に敷いて使うだけでなく、ベッドの上に敷いて使うことも想定しているんですよね。

奈津子:そうです。ベッドによって高低差が出やすいと思うのですが、それらに幅広く対応させるため、本体とマットレスの接続ホースが「高め」、「やや高め」、「水平」、「真下」というように位置調節が可能です。なので、間取りや寝具が変わっても使い続けられるんですよ。個人的にビックリしたのが、夜に仕事の付き合いでカフェインたっぷりのコーヒーを飲んだ日も、コロッと寝られたんです。通常だと神経が興奮して「朝までコース」の場合もあるというのに!

安蔵:それはすごいですね。朝までコースになっちゃうのも大変だ。

奈津子:実勢価格12万8000円と安くはないですけど、限られた時間内でいかに深く眠るか、睡眠管理を本気で考えている人にはオススメしたい製品です。

■アゴのラインをパワフルローラーとEMSで引き締め

安蔵:比較的低価格なマッサージクッションをはじめとして、人気のマッサージ器を多数ラインアップするアテックスの「ルルド」ブランドから、初の本格的美容家電「フェイスメイクローラー」が登場しましたね。大阪体育大学の石川昌紀教授が共同開発と監修に携わっているというのが大きな特徴です。

▲アテックスが2018年4月1日に発売する「ルルド フェイスメイクローラー」(実勢価格4万5000円)

奈津子:こちらも私、発表後からしばらく使っているのですが、EMS(Electronic Muscle Stimulation:電気的筋肉刺激)によって表情筋を引き締めてくれるので、顔痩せさせながらハリも取り戻せるところがいいですね。

▲フェイスメイクローラーの操作部。「EMS」ボタンと「RF」ボタンを備えている

安蔵:EMSに加えて、RF(ラジオ波)によって肌を温める機能もあるんですね。

奈津子:美顔器マニアとしては、両方の頬へ一度にアプローチできる点を評価したいですね。浅めのY字ローラーだと、顔の片側しかできないのですが、これは一度に両頬できるので時短になります。ただ、すごく効くんですけどちょっと痛いですね。

▲「ローラーがアゴを力強く挟むだけでなく、EMSで直接顔の表情筋を刺激するため、最初は結構痛いです……」

安蔵:私も発表会で試用しましたが、ローラーで頬を刺激するだけでもなかなか痛いのに、EMSの刺激まで加わると結構な痛さでした。

奈津子:確かに筋肉がピリピリするような痛みはあるんですけど、アゴのライン以外に痛みはないので使いやすいです。実際に1カ月ほど使っていますが、ほうれい線やたるみの軽減にかなり効果を感じています。肌の色も明るくなって、メイクさんにも褒められましたよ。メイクの前後どちらでも使える点も、女性からするとうれしいポイントですよね。

わたしはもっぱら入浴中か、入浴後にパックの上から使用しています。入浴時ぐらい顔が濡れているときの方が効果を感じられやすいのですが、地方ロケの車内で移動してるときには、ミストタイプの化粧水を顔に吹き付けてから活用しています。すき間の時間に使えるのはとても便利です。

安蔵:あのローラーがゴリゴリとアゴのラインを刺激するのはいいんですけど、強度は大丈夫なのか不安になりますね。

奈津子:そうなんです。私は以前にも似たようなローラーを使っていたことがあるんですけど、長期間使用していると、Y字の根本部分がどうしてもゆるくなるんです。そうするとせっかく片手で両頬にアプローチできるのが魅力なのに、両手で左右のスティックを持って使用する……なんてことにもなりかねません。この使い方はとても使いやすいし、顔のラインに沿わせやすいのも間違いないのですけど、本体の強度だけは気になりますね。

安蔵:顔の小さい奈津子さんと大きい私では、ローラーの効き方も違うだろうなとは思いました。私の方がよりゴリゴリと効くのかなと。

奈津子:値段が多少上がってもいいので、自動で顔の大きさというか骨格に合わせて引き締め力を調整してくれる機能が付くといいなと思いました。

■土鍋ご飯を手軽に味わえる「かまどさん電気」

安蔵:シロカと長谷製陶のコラボレーションによって生み出された、土鍋とIHヒーターを組み合わせた炊飯器「かまどさん電気」(3月20日発売、実勢価格7万9800円)のプレスツアーで、三重県伊賀市にある長谷製陶まで行ってきました。

▲シロカが長谷製陶とのコラボレーションによって生み出した「かまどさん電気」(実勢価格7万9800円)

奈津子:伊賀の地は約400万年前には琵琶湖の湖底にあったとのことで、プランクトンの死がいなどを豊富に含むため「呼吸をする土」と呼ばれているそうですね。「かまどさん電気」にはその土が釜に使われているため、焼き上げたときにできた気泡がお釜の中の水分を絶妙に調整してお米の乾燥を防ぐのだそうです。結局アナログとハイテクって表裏一体だなと思いました。

安蔵:私は以前、お弁当作りのために毎日土鍋で炊飯していたんですよ。味は間違いなくいいですし、手間もそれほどかからないのですが、予約炊飯ができないのが難点だったんです。かまどさん電気は温度センサーを埋め込んでいるため直火での使用ができないのは残念ですが、「土鍋ご飯」の味をいつでも手軽に味わえるというのは何物にも代えがたい魅力です。

▲ 「ご飯の炊きあがりは、優しい甘みが印象的で、冷めてもフワッフワでした」

奈津子:肝心のご飯の炊きあがりは、優しい甘みが印象的で、冷めてもフワッフワ。同じく人気になっている、鋳物ホーロー鍋を使った炊飯調理器の「バーミキュラ ライスポット」とは違う方向性の味だと思いました。個人的には伝統的工芸品とテクノロジーの融合という部分がドラマチックでゾクゾクしちゃいます。こんなにおいしいご飯を毎日いただけたら、子供もグレなさそうな気がします(笑)。

▲「長谷製陶の長谷会長はモノづくりへの情熱にあふれているパワフルなお方で、帰りがけ『またいつでも帰っておいで』とおっしゃってくださってジワっときました」

 

 


【家電女優・奈津子×安蔵靖志の「最新家電レポ」】


(取材・文/安蔵靖志 奈津子)

profile-654x720 あんぞうやすし/IT・家電ジャーナリスト、家電製品総合アドバイザー あんぞうやすし/IT・家電ジャーナリスト、家電製品総合アドバイザー

ビジネス・IT系出版社で編集記者を務めた後、フリーランスに。総合情報サイト「日経トレンディネット」、「NIKKEI STYLE」などで執筆中。KBCラジオを中心に全国6放送局でネットしているラジオ番組『キャイ~ンの家電ソムリエ』にも出演中。 

natsuko_profile なつこ/女優・タレント

ドラマ、CMの出演多数。「家電アドバイザー」資格を取得し“家電女優”として雑誌、webメディアなど活動のフィールドを広げて活躍中。TOKYO FM「Skyrocket Company」レギュラー出演中(火曜18時〜)。instagramは 「natsuko_kaden」、Twitter「natsuko_twins」

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング