雨だろうが強風だろうが火をおこせる男はカッコいい!

&GP / 2018年4月22日 7時0分

写真

雨だろうが強風だろうが火をおこせる男はカッコいい!

キャンプでまずハードルとなるのが、火起こし。グッズをうまく使えば、手軽に“頼れるヤツ”になれる!? そこで、どんな悪天でも火を着けられるという着火剤「ファイヤースターター」を4種紹介しよう。いずれもサトウキビの絞りカスであるバガスを原料としているので、エコだ!

▼「ストームプルーフ スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター」

「ストームプルーフ スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター」(1800円/税抜)は、風と濡れに強く、いかなる状況でも優れた焚き付けとして活躍してくれる。サイズは115×65×30mm。20本入りで、1本で7分ほど燃焼する。

▼「スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター」

「スィートファイヤーストライカブル ファイヤースターター」(950円/税抜)は、ベジタブルワックスをしみこませているので、有害な煙を出すことなく環境にも害なく、安全に着火できる。サイズは115×65×30mm。こちらも20本入りで、燃焼時間は7分。

▼「ストームプルーフ スィートファイヤービヒモス ストライカブル ファイヤースターター」

「ストームプルーフ スィートファイヤービヒモス ストライカブル ファイヤースターター」(2300円/税抜)は、旧約聖書に登場する巨獣ビヒモスの名前が付けられたビッグサイズの着火剤。付属のストライカーで速やかに着火でき、1本で15分燃焼する。サイズは160×70×48mm。8本入りで、濡れに強いアルミケース入り。

▼「スィートファイヤー ファイヤースターター」

「スィートファイヤー ファイヤースターター」(480円/税抜)は、必要な分だけ手でちぎって使えるオーソドックスな着火剤。バガスにオイルを染み込ませているので、ライターやマッチで誰でも簡単に着火できる。サイズは115×65×30mm。
24本入りで、燃焼時間は6分。

キャンプはもちろん、バックパックのエマージェンシーセットに入れておきたいアイテムだ。

>> UCO

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング