不精者にピッタリ!クッカーだけで作れる「新ジャガのローズマリー炒め」-ソトメシ特集③

&GP / 2018年4月28日 11時0分

写真

不精者にピッタリ!クッカーだけで作れる「新ジャガのローズマリー炒め」-ソトメシ特集③

キャンプなどアウトドアで食べる料理は格別です。でもアウトドアで調理するのは意外と大変。自宅のキッチンとは違い、使い勝手の良いコンロがあるわけでもなく、広い調理スペースがあるわけでもない中で作るには、さまざまな工夫が必要です。

だからこそ、ついついカレーのような定番に走りがち。だけど、せっかくならひと味違うアウトドアらしい料理でみんなを喜ばせてみたいもの。そこで、アウトドアでも手軽に少ない材料で作れる、しかも美味しい“ソトメシ”レシピをご紹介。普段料理をしない人でも簡単に作れるものばかりです。

*  *  *

春は新ジャガの季節。新ジャガは皮が柔らかいので皮むき不要。そのまま調理できるため、野外料理にぴったりの食材でもあるんです。

■皮むき不要の新ジャガは不精者に最高の食材

基本的にジャガイモは塩気の強い食材との相性が抜群で、アンチョビと組み合わせることが多いんですね。今回は、アンチョビを漬けておいたオイルを炒め油にしてみました。アンチョビの香りが強くなるので、ローズマリーを多めにからめて爽やかさをプラス。酒のつまみにちょうどいい一皿になりますよ。

 

▼作り方

新ジャガをひと口大にカット。新ジャガは皮がやわらかいので、皮をむかずにそのままでOK。

たっぷりの水で新ジャガをゆでます。水からゆでて、竹串や爪楊枝がスッと入るくらい軟らかくなったら、湯を捨てます。

チューブ入りのニンニクを3~4cm加えます。

アンチョビのオイルを回しかけ、炒めます。アンチョビは2尾ほど細かく刻んで投入。アンチョビのかわりにソーセージやベーコンでもいいですよ。

ある程度火が通ったら、ローズマリーとトマトを加えます。

トマトに火が通って皮がむけたら、塩、コショウで味を調えて完成。

トマトの代わりにレモン汁をかけるだけでもよし。ボリュームがあるので、余ればジャガイモをマッシュしてポテトサラダにリメイクしてもいいですね。

>> [ソトメシ特集]

 

(取材・文/大森弘恵)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング