そのパソコン、超ロング録画可能なテレビになりますよ!

&GP / 2018年5月27日 21時0分

写真

そのパソコン、超ロング録画可能なテレビになりますよ!

PCでテレビ番組を視る方法は色々ありますが、プロバイダ経由での配信を介さずに視るとするならば、「テレビ(またはチューナー)からケーブルでPCに接続する」か「PCに直接TVチューナーを接続する」の2通り。とにかくPCで視ることができればいいというなら前者、よりきれいな画質で楽しみたいなら後者、になるでしょうか。

PCを使いつつ、合間のTV視聴も目の前のモニターで、という方にオススメなのが、アイオー・データより6月下旬からの発売が予定されているUSB接続型テレビチューナー「GV-MVP/AZ」(1万4300円/税別)です。

使い方は簡単! アンテナケーブルを「GV-MVP/AZ」へ繋ぎ、さらに「GV-MVP/AZ」からUSBケーブルでPCに繋げばセット完了。地デジだけでなく、BS放送や110度CS放送の視聴も可能になります。USBバスパワー対応なので、ACアダプターや充電の必要もありません。

専用アプリ「mAgicTV 10」を使用すれば、TV視聴時の画面サイズ設定、データ放送、字幕放送、マルチ&二重音声、EPG(電子番組表・要ネット接続)など、様々な表示設定が行える他、テレビ番組の録画、予約設定、録画番組の再生、ブルーレイ/DVDへのダビングも可能に。

外付けHDDへの録画にも対応しており、フルHD解像度(1920×1080)はそのままに、最大15倍の圧縮処理で記録するハードウェアトランスコード機能も搭載。2TBの外付けHDDなら、約2800時間(1回の録画時間は最長24時間)の超超ロング録画も可能です。

古い番組を自動的に削除し、また残しておきたい番組はプロテクトできるので、ライブラリ作成も簡単。番組タイトルや出演者をキーワードに録画を行う自動おまかせ録画や、停止位置からの再生を行うレジューム機能など、便利な機能も用意されています。

なお、「GV-MVP/AZ」はシングルチューナー仕様のため、チャンネルの異なる2番組同時録画はできませんが、本品及び従来機の「GV-MVP/Xシリーズ」を併用することで対応できるようになります。なお、録画番組の再生は録画を行ったパソコンでのみ可能で、DVDドライブはCPRM対応、ブルーレイディスクドライブはAACS対応の機器が必要となりますのでご注意を。

本体サイズは約100×75×高さ26mmで、重さは約86g。テレビの前や、テレビのある部屋へ移動しなくても、PCでそのままテレビ視聴&番組の録画と再生ができるようになる外付けチューナー。インドアライフがさらに充実してしまいそうですね。

>> アイオー・データ「USB接続 シングルテレビチューナー GV-MVP/AZ」

 

(文/&GP編集部)

&GP(アンドジーピー)

トピックスRSS

ランキング