100均の「カプチーノミキサー」でお好み焼き粉を混ぜてみた!

&GP / 2018年7月7日 10時0分

写真

100均の「カプチーノミキサー」でお好み焼き粉を混ぜてみた!

カプチーノの上に乗っているフカフカのフォームドミルク。あれを自宅で簡単に作れちゃう「カプチーノミキサー」が100均で販売されています。結構クオリティの高いカプチーノが作れるので愛用していますが、「カプチーノミキサー」の混ぜるチカラ、他の何かに活かせないかなあとずっと思っていたんですよね。

そこで「カプチーノミキサー」の王道のフォームドミルクを作る手順や出来栄えに加えて、“意外な” 使い道を模索してみました。うふふふふ……。

■キッチンに置いても悪目立ちせず、場所も取らない

はい。これがダイソー「カプチーノミキサー」です。牛乳にミキサーを突っ込んで電源をオン。数十秒で、フカフカのフォームドミルクを作ることができるアイテムとなっています。

▲本体:W25×D35×H205(mm)、台座部分:W58×D65×H12(mm)

キッチンに置いても違和感のないシンプルなデザインは好感触。スタンドが付いているのも置く場所に困らなそうでいいですね。

電源は単3電池2本。使い始め、プラスとマイナスが全然わからなくて焦りましたが、フタに「+」「−」がしっかり印字されていることに気づきました。うっかりミスです。

▲単3電池2本で駆動

▲よく見たら「+」と「−」が印字されていました

■フォームドミルク作りスタート!

ではさっそく手元のスイッチをオン! 思ったより力強くミキサーが回転するので、最初は少し驚くかもしれません。


▲勢いよく回転するミキサー。手は近づけないように注意

説明書によると、暖かい飲み物に使うときは牛乳を60度くらいに温めるといいらしいです。が、冷たいままでも作れます。コーヒーと牛乳の割合は1:1程度とのこと。

▲牛乳とコーヒーの割合は1:1程度

牛乳にミキサーを入れるとあっという間に牛乳がホイップされていくのが分かりました。

▲牛乳がミキサーされる様子

▲電源をオンして3秒でも、だいぶ牛乳の質が変わった感じ

30秒くらいでフォームドミルクが完成しました。牛乳を入れる量がカップに対して多かったみたいで、カップからあふれてしまいそうになりましたが、ギリギリセーフ。

▲フォームドミルクの完成。思ったより牛乳の容量が増えたので、大きめのカップでミキサーしたほうが良さそう

コーヒーに流し入れたらカプチーノの完成です。「カフェで見るカプチーノそのもの」と言っても過言ではない、…気がします。

▲もう少しカップギリギリにフォームドミルクが入るように調整すれば「カフェ感」が増す?

 

■カプチーノミキサーを使ってこんなものも作れる!…かも?

それではここからが本題。「カプチーノミキサー」を他のものを作る時に使えないか、試してみました。最初に言っておきますが、本来の使い方と違うので故障の可能性は確実に早まるはずです。

【メレンゲ】
〈材料〉
・卵白(卵一個分)

手順は卵白をカプチーノミキサーで泡立てるだけ。ホットケーキの生地にプラスすれば、フカフカのホットケーキが楽しめます。これはかなり相性がよかったですね。フォームドミルクを作るより時間はかかりますが、何の問題もなく作れました。

▲卵白をミキサーして3分もすればフカフカのメレンゲの完成

 

【シーザードレッシング】(1人分)
〈材料〉
・マヨネーズ 大さじ1
・牛乳 大さじ1
・レモン汁 数滴
・チューブにんにく 1cm
・パルメザンチーズ 適量
・黒こしょう 適量

続いてシーザードレッシングは、材料を全て合わせて混ぜるだけ。最初、ボウルに入れて混ぜたら液量が少ないためか材料が飛び散ってしまったので、カップに入れ替えてミキサーしました。若干泡立ちが気になるかもしれませんが、菜箸などで混ぜ合わせるより、よく混ざっている感はあります。

▲ボウルでミキサーしたら飛び散ってしまった。

▲底が深い器がオススメ。少し泡立ってしまったけど手動で混ぜるよりクリーミー?

 

【お好み焼き】1人分
〈材料〉
・薄力粉 100g
・水 100cc
・揚げ玉 大さじ1
・だし汁 大さじ1
・キャベツ千切り 50g程度
・卵1個

混ぜるといったらお好み焼き! というわけで、材料をボウルに全て投入した後で混ぜ合わせようと思いましたが、ミキサーが動かない……。どうやらキャベツが絡まってしまった様子。試しに薄力粉と卵の部分を狙ってミキサーすると問題なく駆動しました。

▲卵や薄力粉部分だけなら何とか混ざる

何とかならないかとキャベツも一緒に混ぜ合わせようとしていたら事故発生!

▲無理は禁物。ミキサーの先端部が壊れてしまった

ミキサーが壊れてしまいました。やっぱり、それなりの重さがあるものを混ぜるだけの力はなかったみたいです……。無念。

【ねるねるねるね】
材料
・ねるねるねるね 1袋

最後に、混ぜるお菓子でおなじみ「ねるねるねるね」をミキサーしてみたらどうなるか試してみました。もしかしたらフカフカクリーミーな新食感お菓子が誕生するかも!?

▲さあ、いざミキサー!

結果は……!!

▲残念。歯が立たず…

想像通りでしたが、うんともすんとも動きませんでした。混ぜられる可能性0なだけでなく、周囲に飛び散ってしまう確率がかなり高いです。粘り気の強いものを混ぜるのも難しいみたいですね。

*  *  *

結果としては「カプチーノミキサー」はフォームドミルクを作るのに最適ですが、サラサラした液体を混ぜ合わせるのにもかなり有効だと思います。底が深い器で、ミキサーをなるべく全て液中に沈ませながら混ぜるのがポイント。

あんまり「混ぜる」ってこと自体に意識を向けるかたは少ないのではないかと思います。だけど「あ、今日の料理混ぜる手順ある」なんて時にこういったアイテムを使用してみたらちょっと楽しい気分が味わえますし、もしかしたら究極の料理を発明できちゃうかもしれませんよ。

>> ダイソー

 

(取材・文/菊地野々子)

100均、無印良品、IKEA、ニトリなどの生活雑貨好きの主婦ライター。プチプラ、コスパと言った言葉に目がない庶民派。雑誌やWEB媒体にて執筆・編集作業に携わっている。趣味は深夜アニメやゲーム実況動画・メイク動画を視聴すること。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング