レトロな見た目に3世紀分の歴史がたっぷり詰まったスイス時計

&GP / 2018年7月6日 23時0分

写真

レトロな見た目に3世紀分の歴史がたっぷり詰まったスイス時計

クラシカルな雰囲気と近未来感。本来であれば相反するはずのテイストが不思議に共存する、ちょっと他に類のない個性を放つのが、281年の歴史を持つスイス高級時計ブランド・FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)の「レイダーコレクション」。まもなく登場の「レイダー・シーキング」(19万5000円〜22万円/税別)は、3世紀に渡る同ブランドの歴史とエッセンスがふんだんに散りばめられた最新モデルです。

▲「レイダー・シーキング ブラック文字盤+アンテロープレザー」(19万5000円/税別)

独特のレトロフューチャーな世界観に、最新テクノロジーを載せた「レイダーコレクション」。その個性的なデザインには、特徴的な14角形の風防リングをはじめ、「ディープブルー」の四角いインデックス、「バシィ」の視認性の高い時分針など、過去の同ブランドのマスターピースのDNAが継承され続けています。

▲「レイダー・シーキング グレー文字盤+アンテロープレザー」(19万5000円/税別)

新作「レイダー・シーキング」では、2017年発表のレディースモデル「シーバード」のデザインをベースに、ケース径を41mmにまでサイズアップ。サテン仕上げと鏡面仕上げのコントラストが男性的な力強さとゴージャスさを感じさせつつ、品の良い仕上がりでカジュアルにもドレッシーにも使いこなせます。

▲「レイダー・シーキング ブルー文字盤+ステンレススチールブレスレット」(22万円/税別)

カラーはブラック、 ブルー、 グレーの3種類で、それぞれステンレススティールブレスレットモデル(22万円/税別)、アンテロープレザーモデル(19万5000円/税別)をラインナップ。発売は7月末を予定。

>> ファーブル・ルーバ

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング