電子メモパッドの液晶が拡大!半透明になってトレースも可能になったぞ

&GP / 2018年7月9日 7時30分

写真

電子メモパッドの液晶が拡大!半透明になってトレースも可能になったぞ

キングジムの人気の電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」シリーズに、過去最大の液晶サイズを搭載したモデル登場だ。8月3日発売の「Boogie Board BB-11」(9200円/税別)は、液晶部分が279×216mmと広々で、オフィスでのメモや子どもお絵かき、筆談ツールなど幅広く使えるぞ。

「Boogie Board」は、付属のスタイラス(描画用のペン)や爪などで、液晶画面に直接書き込みができる電子メモパッド。筆圧によって線の太さが変わるので、細かい描画も可能だ。

今回登場した「Boogie Board BB-11」は、画面が半透明タイプのため、付属の2種類(無地・罫線/ドット・方眼)のテンプレートシートを下に敷いてガイドとして使用できるほか、イラストや文字を敷いてトレースも楽しめる。もちろん自分でオリジナルのテンプレートを作っても使用できる。

コイン型リチウム電池1個で、約5万回の書き換えが可能。イレース(消去)ボタンを押すだけで書いた内容を簡単に消去でき、加えて不用意な消去を防ぐロック機能も搭載。上部のイレースロックボタンを右にスライドすれば、不用意な消去を防げる。ロック中でもメモを書き足せるので、使い勝手が良さそう。

オフィスで使うも良し、自宅で子供と使うも良し。これまで使ったことのない人も、もう1台欲しい人も、幅広い用途で使えそう!

>> キングジム「Boogie Board BB-11」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング