INFOBARがガラホになって帰ってくるぞ! LINEも+メッセージもできるって

&GP / 2018年7月13日 6時30分

写真

INFOBARがガラホになって帰ってくるぞ! LINEも+メッセージもできるって

auが初代「INFOBAR(インフォバー)」を発売してから15周年ー。この秋、新モデルの「INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)」が発売されます。

INFOBAR xvは、初代同様にプロダクトデザイナーの深澤直人さんがデザインを手がけるモデル。4G LTEケータイとしては初となる「+メッセージ」や「スマホ音声アシスタント呼び出し機能」などに対応します。

■縁がないデザイン、実現しました

INFOBAR xvは、3.1インチのWVGAディスプレイを搭載する4G LTEケータイ、いわゆる“ガラホ”です。カラーは「NISHIKIGOI」「NASUKON」「CHERRY BERRY」の3種類を展開します。

▲INFOBAR xv。左から「NISHIKIGOI」「NASUKON」「CHERRY BERRY」

▲背面は単色でシンプルなデザインに

そもそも「au design project」は、当時の「似たようなデザインのケータイばかりでつまらない」という声を受けて始動。ふたつ折りのケータイが主流のなか、INFOBARシリーズのひな形が生まれたといいます。

深澤氏は、初代のデザインにおいて、「キーは色んな色を使っちゃいけないという常識を覆した」と述べます。もちろん今回の新モデルでも、そうしたを特徴を踏襲。

▲シリーズを代表する6モデル。「デザインケータイ」という言葉が懐かしい

▲「携帯するのにふさわしい形はインフォバーだったと思う。15年経っても、バータイプとして残っている。これからも発展すると思う」と述べる深澤直人氏(右)

新モデルのデザインのポイントは、「縁の無いキー」。実は初代もデザイン段階では縁がなかったものの、実現できなかったとのこと。15年を経て、実現されたと聞くとどこか感慨深いものがありますね。

▲シリーズ過去機との比較。右端がINFOBAR xvだ

▲新モデルには縁がない

 

■機能もアップデート! ただのケータイじゃない

INFOBAR xvは、テザリング機能をサポート。また、Bluetoothでスマホと接続し、GoogleアシスタントやSiriを利用できる機能も搭載します。タブレットとの2台持ち需要を想定しているのでしょう。

単体ではLINEやプラスメッセージも利用可能。FMラジオや海外利用にも対応しています。ちなみに、細かいスペックは下記画像の通り。15年でかなり変わりましたね。

▲初代からのスペックの進化

周辺機器としては、卓上ホルダーが同梱されます。置時計として使えるUIもポイントの一つです。

▲置き時計として使える機能も

 

■クラウドファンディングでの特典を忘れずに

今回、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて、「新・ケータイ INFOBAR xv を応援して、名前を刻もう。」というプロジェクトが実施されます。支援者は、隠しコマンドを入力すると、自身の名がクレジットとして出てくるようになるそうですよ。

▲Makuakeでの支援画面(執筆時点)

専用ケースや原寸大オブジェが付いてくるコースも用意されています。なかには深澤氏のサイン入りオブジェも! 個数には制限がありますので、気になる人はお早めに。

*  *  *

15周年という節目に、初代デザインをなるべく生かした開発を行い、敢えてケータイでの復刻となった新生INFOBAR。KDDIとしても「数は打たない」と名言しており、懐かしさや、シンプルさをフックに、欲しい人に刺さるモデルとなりそうですね。

ちなみに、価格は未公開ですが、「一般的なガラホより高く、ハイエンド機よりも安いくらい」になるらしいです。

>> au

 

(取材・文/井上 晃

いのうえあきら/ライター

いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。編集プロダクション「ゴーズ」所属。

&GP(アンドジーピー)

トピックスRSS

ランキング