ル・マンの伝説がクロノグラフになって蘇る

&GP / 2018年7月31日 11時30分

写真

ル・マンの伝説がクロノグラフになって蘇る

ル・マンを制した伝説のレーシングカー・GT-40にインスパイアされた腕時計が発売になりました。スカイブルーとオレンジのツートンカラーというビビッドなカラーリングが目を惹いて際立つ存在感。古きを訪ね新しきを知る、特別なクロノグラフです。

▲「TSIKOLIA GT-40 BLACK」

国際的な工業デザイナーであるズヴィアド・チコリア氏が手掛ける腕時計ブランド・チコリアは、 伝説のレーシングカー・フォードGT-40にインスパイアされたニューモデル「GT-40」(7万8000円/税別)を発表しました。

▲ル・マンを制したGT-40            GT40 at Goodwood 作者 edvvc from London, UK CC BY 2.0

1960年代にモータースポーツに参入したフォードが、打倒フェラーリを掲げて開発したGT-40は、ル・マン24時間レースで4連覇を達成。その輝かしい歴史と王者のスピリットに憧れ、 幼少の頃からこの車を所有することが夢であったチコリア氏。ブガッティやプジョーのデザインを手がける傍で、GT-40への熱い思いを募らせていったのです。

そのこだわりはプロダクトの随所に見られます。幾層にも施されたダイヤルのレイヤーは、適度な重厚感があり、GT-40のダッシュボードのゲージのような感覚を与えてくれます。

▲「TSIKOLIA GT-40 STEEL」

ストラップは、一日中24時間装着をし続けても快適であるように配慮した設計に。
素材は、レーシングタイプの牛革を使用したというこだわりぶりです。このストラップに開いた多数の穴は、GT-40の座席にある穴をイメージしたデザイン。ステアリングホイールの中心部をイメージした裏ブタは、ネジ頭に至るまで忠実にデザインされています。

カラーは、ブルーとオレンジを配したガルフレーシングカラーをベースに、ブラックPVDとスティールの2色のケースを展開しています。

>> チコリア「GT-40」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング