スティックじゃないコードレス掃除機って実は利点がいっぱい!

&GP / 2018年8月6日 11時0分

写真

スティックじゃないコードレス掃除機って実は利点がいっぱい!

あらゆる家電製品のコードレス化が進む昨今、コードレスになってホントよかっ
た…と感じる製品のひとつに掃除機が挙げられます。リビングから洗面所、寝室…。決して広くはない我が家だけど、コード付き掃除機だとやっぱり可動域が限定されて何かと面倒…。そんな時、スティック型のコードレス掃除機って便利だなとしみじみ感じます。

でも気になるのは、手元で感じる妙な重さ。なんでこんなに手首に負担がかかるんだ…?

それはスティック型のコードレスクリーナーの多くが、モーター、充電池、集塵
部などをすべて手元付近に配置しているから。これでは、ずっしり重いハズ。

そしてコードレスゆえの弱点は、充電時間に限りがあるところ。今日は徹底して掃
除するぞ!と意気込んで動いていると、あれ、充電切れ…? こんな一長一短とも
いえるスティック型あるあるは、従来からのキャニスター型をコードレスにした
ことで、サクッと解消できました。

東芝のキャニスターコードレスクリーナー「VC-NXシリーズ」なら、充電切れを気にせず最長なんと約60分! ゴミの有無で吸引力を自動調整する「おまかせモード」でも約30~40分はフル稼働。

スティック型のような小回りの良さを実現させるために、大きな車輪を搭載し、円筒形の本体は反転しても倒れない可動式ハンドルなので、狭いスペースでもスルスルと方向転換が可能。

しかもこの本体の重さは、わずか2.8㎏。階段や棚の上など気になるところはサッと片手で持ち上げながら楽々お掃除。これならストレスフリーできれいで快適な毎日が送れそうです。

掃除機を買い換えたいな…と思っているあなた、スティックじゃないコードレスもアリですよ。

▲「VC-NXS2」は、本体のゴミ捨てやプリーツフィルターのチリ落としを自動で行うダストステーション付き

ダストステーション付きの「VC-NXS2」(予想店頭価格:10万円前後/税別)と「VC-NX2」(予想店頭価格:8万円前後)の2種類あり、どちらも9月中旬発売予定です。

>> 東芝ライフスタイル

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング