タイヤメーカー開発素材のソールを使ったadidasの新作トレランシューズ

&GP / 2018年9月2日 9時0分

写真

タイヤメーカー開発素材のソールを使ったadidasの新作トレランシューズ

そろそろ秋の行楽シーズンに向けて、外遊び用にスニーカーでも新調したいな~、ってお考えの方も多いかと思います。そんな方々にぜひともおススメしたいのがコレ!
アディダス「TERREX TWO PARLEY」です!

こちらは快適な履き心地を確保しながら、機敏な動きを可能にするよう設計された、トレイルランニングシューズとなっています。

本作は足を包み込むメッシュアッパーを採用していて、その素材にはリサイクルプラスチックから作られた糸を使用しています。

ソールはトレッドパターンの凹凸がしっかりとしたラグアウトソールを採用し、確かなグリップ力をもたらしてくれます。さらにクッショニングの利いたミッドソールも搭載。まさに、ランナーがより長く走れるようサポートをしてくれるシューズなのです!

 

■本格トレランシューズらしくない今っぽいデザインに惹かれちゃいます!

足全体をつつみ込み、快適な履き心地を提供してくれるadidasプライムニットアッパーを採用。ちなみにこのモデルのプライムニットには、海に浮かぶプラスチックゴミやビーチや海沿いから出るゴミを収集してリサイクルした「ParleyOceanPlastic」の糸を部分的に使用しているとのこと。

シュータンとアッパーが一体となったソック構造が、バツグンのフィット感をもたらします。

アディダスのシューズでお馴染みのスリーストライプスは、ニットの成形で表現。

欧州生産車新車納入シェアNo.1のタイヤメーカー「Continental(コンチネンタル)」が開発した「Continental ラバーアウトソール/ニットヤーンライニング」を採用。濡れた路面でも高いグリップ力を発揮してくれます。

*  *  *

アッパーの素材といいソールの質といい、非常に完成度の高いトレイルランニングシューズと言えますね! これほどまでに高いスペックを誇るので、秋の行楽にバッチリ過ぎかと。ちょっとした外遊び用にとお考えかもしれませんが、オーバースペックは男のロマンですよね!?

アディダス
「TERREX TWO PARLE」(1万6200円)

>> atmos Flagship Store

 

(取材・文/本間 新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング