スマホを10回充電可!塩と水で発電するLEDランタンの仕組みとは

&GP / 2018年10月8日 8時0分

写真

スマホを10回充電可!塩と水で発電するLEDランタンの仕組みとは

ランタンはたくさんあるけれど、今年、グッドデザイン賞を受賞した「マグネ充電器」(オープン価格)は革新的! 塩水とマグネシウムの化学反応を利用したLEDランタン型発電機で、スマホも充電できる。災害時にも強い味方になってくれそう!

「マグネ充電器」には、あらかじめ発電に必要な塩も付属しており、水を用意するだけですぐに使用できる。付属のマグネシウム棒3本使用で、ランタンを8時間点灯したとして9日間、スマートフォンを約10回分の充電が可能だ。もちろんUSB端子も付いている。

照明にはランタンモードと懐中電灯モードがあり、使用状況に応じて使い分けができる。1本のマグネシウム棒で24時間の連続使用が可能。3本使えば、72時間は大丈夫だ。10年以上の保存が可能で、付属のマグネシウム棒と塩水を交換すれば何度でも繰り返し使用できるので、災害時にも最適! 緊急時に水が用意できなければ、発電能力は劣るものの、海水や尿などで代用もできる。

▲マグネシウム棒

付属の塩袋を使い切ってしまった後でも、塩の適量を計れる“くぼみ” があり、器具が無くても計量できるから安心。底蓋を取り外せるので掃除も簡単だ。野外でも使用できるよう防水機能(IPX6)を備えており、小型で携帯性にも優れている。

災害時にだけでなく、キャンプや釣りなどのアウトドアにも最適! 一家に一台置いておきたい「マグネ充電器」は、11月下旬に発売予定だ。

>> STAYERホールディングス「マグネ充電器」

 

(文/&GP編集部)

&GP(アンドジーピー)

トピックスRSS

ランキング