“ほったらかし料理”ができる電気圧力鍋に待望のファミリーサイズが追加!

&GP / 2018年10月10日 7時30分

写真

“ほったらかし料理”ができる電気圧力鍋に待望のファミリーサイズが追加!

みなさん、電気圧力鍋って知ってますか? 材料を入れてボタンを押すだけで高温調理してくれる便利なお鍋です。圧力、火力、時間調整をマイコン制御してくれるので、火を使わずに安心して“ほったらかし料理”ができちゃうんです。

とても便利だから家族分をもっといっぱい作りたい!という方のために、「siroca電気圧力鍋」に大容量4リットル(2~6人用)の、うれしいファミリーサイズ「電気圧力鍋SP-4D151」が発売されることになりました。

「電気圧力鍋SP-4D151」は現行の「siroca電気圧力鍋」に比べて最大20kpaゲージ圧アップ、90kpaゲージ圧を実現しました。これにより角煮や煮魚などもほろほろに、骨までまるごと食べやすく調理できます。また、現行モデルにも採用されていたプリセットメニューもさらに進化。カレー、無水カレー、肉じゃが、豚の角煮、いわし煮、白米、玄米、おかゆ、野菜など、表示も料理名でわかりやすくなっています。

プリセットメニュー以外にも現行モデルから15メニューも追加されたレシピブックも付属しているので、誰でもカンタンにおいしい料理が作れます。さらに1秒〜60秒という1分以内の圧力調理にも対応。ピクルスなら1秒で作れるというから驚きです。

圧力調理はもちろん、圧力をかけずに低温調理することで、おでんや煮豆などを煮崩れせずにほっくり柔らかく仕上げるスロー調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、温め直しの1台6役でマルチに使えるのもうれしいポイント。

安全性にも配慮し、圧力表示ピンと蓋ロックピンの機械式ダブルロックピンを搭載しています。ディスプレイも白色LEDを採用して文字を大きく、調理状態がひと目でわかるように表示も工夫されています。ボタンも大きいので誰でも見やすく使いやすいデザインです。

便利な“ほったらかし調理”で空いた時間を使って他の家事をするもよし、自分の趣味に使うもよし、どんな風に過ごすかはアナタ次第です。

>> シロカ

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング