モーターはBOSCH!無駄を省いた電動スクーターがカッコいい

&GP / 2018年10月16日 22時0分

写真

モーターはBOSCH!無駄を省いた電動スクーターがカッコいい

静音性とバッテリー性能の向上による運転距離のアップ、環境への優しさなど、電動化の大きな波はバイク界にも押し寄せています。とりわけ原付バイクなど排気量の少ないミニバイクはラインナップが着実に増加しており、大きな注目を集めています。

MSソリューションズが展開している電動バイクブランド・XEAM(ジーム)より、niu U(ニウ ユー)、notte(ノッテ)に続く電動スクーターの新モデル「REET(リート)」(50ccクラス・19万8000円/税別)と「REET S(リートエス)」(125ccクラス・23万8000円/税別)が登場。11月中旬に発売が開始される予定です。

▲ホワイト、 ブルー、 レッドの3色展開。 (「REET S」はホワイト、 ブルーのみ)

高い信頼性で定評のあるBOSCH(ボッシュ)製モーターを採用。バッテリーは小型ながら大きなパワーを生み出すLGエレクトロニクス製リチウムイオン電池、バッテリーセルはパナソニック製が用いられています。バッテリー重量は約10kgで、車両からの取り外しだけでなく家庭用コンセントからの充電が可能。約8時間のフル充電で約60km走行できます。最高速度は「REET」が約40km/h、「REET S」は約45km/hです。

誤発進を防止するパーキングシステム、駐車時に便利なバックギア、大きなデジタルメーターとデジタルバイザーで、走行速度やバッテリー残量の確認がスムーズに行えるなど、安全面への配慮も万全です。

インナーレッグ部の左側に500mlペットボトルが入るインナーポケットと、ポケット上部にはスマホ等の充電が行えるUSBポートを搭載。中央部には折り畳み式のコンビニフックが配されています。また、シート下にはグローブや小物類を収納できるスペースも確保(ヘルメットは収納できません)。さらに別売りオプションとして、収納性がアップする「リアキャリア・リアボックスセット」(9000円/税別)、「REET S」専用で安全にタンデム走行(2人乗り)ができるシッシーバー(3000円/税別)もあります。

過度の装飾や装備を配し、快適な走行にこだわったシンプルデザインの電動バイク。ちょっとしたお出かけや買い物が便利で楽しくなりそうですね!

>> XEAM「REET」「REET S」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング