移動中や外出先、お気に入りブルーレイがどこでも大画面で観られる!

&GP / 2018年12月20日 7時30分

写真

移動中や外出先、お気に入りブルーレイがどこでも大画面で観られる!

旅行や帰省など家族で出かける機会の多い年末年始。特に小さい子どもがいる家庭では、渋滞が予想される高速道路や混雑した新幹線など、長時間移動をいかにやり過ごすかは大問題。

スマホ動画もいいけれど移動中はどうしても通信状態が不安定。ならばいっそ、お気に入りのブルーレイやDVDを観られるポータブルプレイヤーを持ち歩いてはいかがでしょう。

グリーンハウスのポータブルプレーヤー「GH-PBD14A-BK」「GH-PBD14AT-BK」(ともにオープンプライス)なら、14型の大きな画面で、お気に入りコンテンツを家族みんなで楽しめますよ。

▲「GH-PBD14A-BK(テレビチューナー非搭載)」

「GH-PBD14A-BK」「GH-PBD14AT-BK」でうれしいのは、なんといっても14型の大型液晶ディスプレイ。従来ポータブルタイプのDVD/ブルーレイプレイヤーといえば9〜11.4型が主流でしたが、今回の新モデルではこれを一気に14型ワイドまでサイズアップ。このサイズなら首をすくめて画面を覗きこむ必要なし、ブルーレイならではの高精細画像を余裕の大画面で楽しめます。液晶が大きくなった分だけ本体はノートPCレベルまで大型化していますが、重さの方は約1280gと、9〜11.4型モデルとほとんど変わらない軽さをキープ。

市販のディスク以外に、地デジを録画したブルーレイディスクやDVDの再生にも対応。SDカードスロットやUSBポートを搭載しているので、旅先で撮影したばかりの動画や画像、また音楽データの再生もOKです。

▲「GH-PBD14AT-BK(テレビチューナー搭載)」

さらにHDMI入出力端子も備えているので、ビデオカメラの映像やスマホコンテンツの表示もできるし、宿泊先の大型テレビでブルーレイの映像を楽しむことだって可能です。

加えて、地デジ/ワンセグ両対応のテレビチューナー搭載「GH-PBD14AT-BK」なら「持ってきたディスクも全て見終わり、いよいよ子どもがグズりだした」なんてピンチも地上波放送でカバーできます。イベントやスポーツ観戦など、外でテレビを見たい時にもいいですね。

内蔵バッテリーでの稼働時間はブルーレイ再生時で約2時間、テレビ視聴時で約3時間と決して長くはありませんが、逆に電源が確保できる移動環境ならかなり多彩な活躍が期待できそう。

電源はACアダプターや内蔵バッテリー以外にシガーソケット経由でもとれるから、ドライブ派ならかなり頼れる存在になってくれそうです。発売は2018年12月下旬を予定。

>> グリーンハウス「14型ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14A-BK(テレビチューナー非搭載)」
>> グリーンハウス「14型ポータブルブルーレイディスクプレーヤー GH-PBD14AT-BK(テレビチューナー搭載)」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング