掃除機は紙パック派?それなら軽くて持ち運びやすいのがいいよね

&GP / 2019年1月13日 15時0分

写真

掃除機は紙パック派?それなら軽くて持ち運びやすいのがいいよね

しっかり掃除ができるキャニスター型掃除機。紙パック式を中心に根強い人気がありますが持ち運びが面倒という声もよく聞きます。だったら持ち運ぶ際に使うハンドルを変えてみたら…持ち上げやすく、使い勝手もぐっとよくなりました。

東芝ライフスタイルから登場する掃除機「VC-PH9」(店頭想定売価約3万円/税別 2月下旬発売予定)。キャニスター型掃除機のハンドルは本体に垂直についていることが多いのですが、こちらは本体上部に搭載。カバンの取っ手のような位置なので、持ち運びがぐっと簡単になりました。しかも本体も2.3キロと軽量化を実現したので、2階に掃除機を持っていく時もラクラクです。


また、スゴイのがグリップを持つ手首の動きとヘッドの向きが連動していること。直感的に動かすことができるので、思うままに移動しながら掃除できます。

さらに回転ブラシがパカッと外れて付着したゴミが取りやすかったり、ヘッドが浮かずに床にピタッと沿うようにスキマ掃除ができたり、細かな工夫がたくんさん!

▲6.5cmの隙間もラクラク掃除

掃除機はやっぱり紙パック式、キャニスター型という方におすすめの一台です。

>> 東芝ライフスタイル「紙パック式クリーナーVC-PH9」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング