電源不要!超小型エスプレッソマシンでどこでも本格的な味を楽しもう!

&GP / 2019年2月11日 23時0分

写真

電源不要!超小型エスプレッソマシンでどこでも本格的な味を楽しもう!

“コーヒーはハンドドリップで淹れる” というこだわり派が増えていますが、一筋縄では攻略できないのがエスプレッソ。バリスタが淹れてくれる本格的な味わいは、やはり専用のエスプレッソマシンがないと飲めないんだ…とあきらめていませんか。

電力を使わずに、わずか3分でプロの味が楽しめるポータブルなエスプレッソマシンが登場しました。どこへでも携帯できる超小型サイズというのがポイント。これは気になります。

「Nomad Espresso Machine(ノマド エスプレッソ マシーン)」(3万800円~ 2月11日現在)は、電力を一切必要とせず、手軽に持ち運べるポータブルエスプレッソマシン。 自宅や職場はもちろん、アウトドアでも、たった3分でプロのバリスタが淹れるエスプレッソと同じ味が手軽に楽しめます。

使い方はとてもカンタン。

(1)エスプレッソ用に挽いた豆を入れて付属のタンバ―でしっかりと豆を詰める
(2)豆をセットし、お湯を注ぐ
(3)レバーをシーソーのように動かし、圧力計を見ながら8-10の間で圧力をキープ
(4)抽出すれば美味しいエスプレッソの出来上がり!

この4ステップだけで、いつでもどこでも誰が淹れても、同じ味を保てる画期的なマシンです。エスプレッソを作る際に必要な基本的な条件は全世界共通。良いコーヒー豆、丁度良い抽出温度と圧力、そして絶妙な抽出速度。

特にコントロールが難しい最適な圧力を、手先の力だけで作り出せる仕組みがこのマシンの特徴です。最適な圧力と抽出スピードで、完璧なクレマを作り出します。

どこへでも持ち運べる超小型サイズ(W15×H15×D15cm、重量1.1kg)で、グリーン・ブルー・ホワイト・レッドの4色展開です。

2月11日現在、クラウドファンディング・Kibidangoにて1台3万2800円から支援受付中。2台セットで6万2800円のコースも用意されています。

>> Kibidango「Nomad Espresso Machine」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング