この折り畳み電動アシスト自転車、バッテリーの位置がおもしろい!

&GP / 2019年3月7日 7時30分

写真

この折り畳み電動アシスト自転車、バッテリーの位置がおもしろい!

一見カラフルでオシャレな折り畳み自転車。実はこれ、電動アシスト自転車なんですって言ったら信じられますか?

この「Qualisports」、クラウドファンディング・Makuakeで2月26日に受付開始したところ、わずか2日で目標達成したという注目の自転車なんです。

で、電動アシスト自転車っていうけど、肝心のバッテリーはどこにあるの?って思いますよね。

なんと、シートポストに内蔵されているんです! 普通の電動アシスト自転車のバッテリーは、シートポストに沿う形で露出していますが、それをシートポストの中に入れちゃったんです。これはアイデアですよね!

充電はサドルの下の穴にプラグを差し込むだけ。もちろんサドルを抜いて充電してもOK。36V7.0Ahリチウムイオンバッテリーで力強く安定した走りを実現しています。

日本の道路交通法の範囲内で最大限に電動アシストを体感できるよう、日本の国家公安委員会が指定する安全基準を満たした自転車のみに与えられる「型式認定規格」を取得しているので、安全性もバッチリ。

そして見た目通り折り畳めるので収納や持ち運びもコンパクト。折り畳んだあとにサドルを持ってタイヤを転がしながら移動できるので、自転車の重さを気にすることなく運べるのもうれしいポイントです。

カラーはホワイト、ブラック、グレー、レッド、ブルー、グリーンも6色。スタンダードながらオシャレなラインアップです。

3月7日現在、14万5800円から支援受付中です。2台セットのコースも用意されています。日に日に暖かくなってきて、自転車でのお出かけも楽しくなる季節。電動アシストには見えない自転車「Qualisports」で、颯爽と街を走り抜けるのも楽しそうです!

>> Makuake「Qualisports」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング