まさに全方位をカバー!車内も撮れるドラレコが登場

&GP / 2019年3月15日 20時0分

写真

まさに全方位をカバー!車内も撮れるドラレコが登場

万一の事故や事件に備えるためのドライブレコーダーも選択肢がぐっと増えました。後方からの事故に備えた2カメラ搭載は珍しくなくなったけれど、さらに車内の状況も記録できる3カメラ搭載のドラレコがサンコーから登場。

その名も「前も車内もリアカメラも!3カメラ同時録画ドライブレコーダー」(9800円)、前後に加えて車内の状況も録画できるレコーダーです。

「前も車内もリアカメラも!3カメラ同時録画ドライブレコーダー」、この長い名前からもわかる通り、前方・後方・車内を撮影するための3つのカメラを搭載したレコーダー。

▲液晶モニターの背後についたカメラで前方を、直下についたカメラで車内を撮影

「前と後ろはわかるけど、車内の様子なんて何に使うの?」と思うかもしれませんが、例えば居眠りやわき見運転を疑われた時に、自分に過失がなかったことを証明するのは難しいもの。

まさかの事故や事件に巻き込まれた時に、運転中の車内の様子の記録があれば、あなたの正当性を証明することが可能です。また運転中の映像を記録することは、自身の運転マナーを見直すきっかけにもなりそうですね。

▲後方撮影用リアカメラ

このアイテムは本体と後方用リアカメラというふたつのユニットで構成されていて、本体側にフロントカメラと車内カメラ、それに3.9インチの大型液晶を搭載しています。

事故発生時に最も重要となるフロントカメラは視野角140度、フルHDの高画質でナンバープレートまで鮮明に記録。駐車中の事故に備えるパーキングモード機能や、重要な場面を消去しないよう自動的に保護するGセンサー機能など、ドライブレコーダーに必須の機能はきっちり押さえています。

記録媒体は汎用性の高いmicroSDカードで、容量128GBのカードを使えば最長約10時間の撮影が可能。価格の手ごろさも魅力ですが、microSDカードを別途購入する必要がある点にはご注意を。

>> サンコー「前も車内もリアカメラも!3カメラ同時録画ドライブレコーダー」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング