ゴアテックスファブリクス採用で防水性・透湿性を両立した新作リーガル

&GP / 2019年6月13日 6時30分

写真

ゴアテックスファブリクス採用で防水性・透湿性を両立した新作リーガル

ビジネスシューズというと「蒸れても当たり前。ビジネスマンなら我慢我慢」なんて思っていませんか? おなじみリーガルが、アウトドア向けのシューズやウェアで使われる “ゴアテックス” を用いたシューズを発売。防水性と透湿性を兼ね備えているので、梅雨の雨、そして夏の汗によるジメジメ対策にもってこいのシューズになっていますよ。

▲「01TR CE ブラック」

リーガルより、2019ニューコレクションとして「ゴアテックスフットウェア」(3万5000円/税別)が発売となりました。ストレートチップの「01TR CE」、Uチップの「06TR CE」、ダブルモンクストラップ「07TR CE」の3タイプ、それぞれブラックとブラウンが選べ、計6モデルがラインアップしています。

▲「06TR CE ブラウン」

そもそも“ゴアテックスファブリックス”は、1平方センチメートルに14億個という微細な穴のある生地で、この穴が “水滴は通さないけど、水蒸気は通す” サイズであるため、防水性と透湿性を両立させた素材として、主にアウトドアウェアに多く採用されています。

▲「07TR CE ブラック」

そんなゴアテックスの機能性が、リーガルの上質なビジネスシューズと合体。外部からの濡れに強く、内部のムレを逃して常にドライに。梅雨の雨対策、そして夏にうれしい足元のクールビズシューズとして活躍。

もちろんデザインがスポーティーになっているわけではありませんので、これまで通りのビジネススタイルのまま取り入れられます。さらに、今季モデルはソールを軽量化することで、よりいっそう快適な履き心地に。雨の日、暑い日はこちらに履き替えて出勤しましょう。

>> REGAL「ゴアテックスフットウェア」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング