-20℃から55℃まで!? 温めでも使えるポータブル冷凍冷蔵庫

&GP / 2019年6月18日 11時30分

写真

-20℃から55℃まで!? 温めでも使えるポータブル冷凍冷蔵庫

クラウドファンディング・GREEN FUNDINGにて、 -20℃から55℃まで爆速冷却・加熱が可能なAFUの「ポータブル対応冷凍冷蔵庫」(3万2800円〜 6月18日現在)が先行発売を開始。以前、約1700万円を集めた第一弾「ポータブル対応冷凍冷蔵庫」の新作だけに、加熱機能をプラスするなどさらにパワーアップした機能が魅力だ。

今まで使われていたペルチェ式から、冷却ガスを圧縮して循環させるコンプレッサー式を採用。冷却機能にさらに磨きをかけた。庫内温度が34℃でも20分程度で0℃まで冷やすことができ、50分で-20℃まで冷やせる。

電源を切った状態でも約6時間の保冷が可能。電源のない場所では、もちろんクーラーボックスとしても使用できる。

さらに、15℃から55℃までの加熱機能付き。寒い時には温かい飲み物を提供することもできる。庫内温度の調節のほか、エコモードと急速モードの切り替えもワンタッチででき、操作も簡単。また、消費電力が少ないため熱交換の効率が良く省エネなのだ。

▲安心設計のバッテリー

心配なのは電源だが、電圧をリアルタイムで測定しており、バッテリーの電圧が下がると電源が自動でオフになるため、クルマのバッテリーが上がってしまう心配もない。車載用電源、ACアダプタを標準付属なのに加え、USB接続・ポータブル電源の給電にも対応している。これならアウトドアシーンのどこでも活躍してくれそう。

▲左「BCD15」右「BCD32+」

容量は15リットルと32リットルの2サイズで、いずれもコンパクトで車内でも部屋でも邪魔にならない。ポータブル冷凍冷蔵庫があれば、充実したキャンプになること間違いなし!

6月18日現在、1台15リットルは3万2800円から、32リットルは3万4800円から支援受付中。15リットルとと32リットルのセットで6万6500円のコースも用意されている。

>> GREEN FUNDING「ポータブル対応冷凍冷蔵庫」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング