自動巻き機械式のスケルトンウォッチがなんと2万1600円!

&GP / 2019年7月10日 11時30分

写真

自動巻き機械式のスケルトンウォッチがなんと2万1600円!

機械式時計は憧れだけど、やっぱり価格が高くてなかなか手が出ない…。そんなすべての人々の手に届けるべく誕生したのが「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」です。

自動巻ムーブメントを搭載したスケルトン時計が、なんと2万1600円。海外工場と直接契約し、中間マージンをなくしたことで、高いコストパフォーマンスを実現したとのこと。その時計のスペックはどんなものでしょうか。

ただ “時刻を確認する” だけならスマホの時刻表示で事足りる現代において、機械式時計が魅力的に感じるのは、“時に思いを馳せる” ことのできるプロダクトだからではないでしょうか。

そんな機械式時計の価値を再認識するきっかけのひとつとなれば、との思いから生まれたのがプリンチペプリヴェの「PRINCIPE Watches」です。

▲「PP8173M3B1」

今回リリースされたのは「PP8173M3B1」ほか全8色。印象的なのは、スケルトンのムーブメントです。文字盤がスケルトンとなっており、長針・単針・秒針の下に直接、機械式の美しいムーブメントが見えるデザインは、機械式時計の美しさとロマンを感じさせてくれます。

もちろん、裏ブタもシースルー。その複雑で規則正しい動きを眺めているだけで、時が過ぎていきそうです。

リューズの巻き忘れもなく手間いらずの自動巻きムーブメントなので、機械式時計初心者にも最適。電池交換の必要がないのも機械式時計の大きなメリットです。

ケースにはステンレススチール、ストラップにはレザー、風防にはミネラルガラスを採用し、防水性能は3気圧。重さはわずか80gで、腕に負担もありません。

このスペックに1年間の製品保証を付属して、価格はなんと税別2万円。その価格のヒミツは、海外工場と直接契約し、中間マージンをなくしたことにあるそうで、長年にわたって数々の海外ブランドの輸入総代理店を担ってきた「プリンチペプリヴェ」だからこそ実現できたコスパだといえます。

機械式時計に憧れを持っていた人は、この機会に手に入れてみては。進学・入学、就職などのお祝いに贈っても喜ばれそうですね。

>> プリンチペプリヴェ「PRINCIPE Watches」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング