基本機能は通話とSMSとテザリング。割り切れる人向けガラケー誕生

&GP / 2019年7月20日 13時0分

写真

基本機能は通話とSMSとテザリング。割り切れる人向けガラケー誕生

総務省の最新調査によれば、2017年で3割を切っているガラケー保有者。でも裏を返せば、いまだ4人にひとり以上がガラケーを使っているということ。料金の安さや通話の利便性など選ぶ理由は人それぞれですが、根強い愛用者がいるのは事実です。

ただ最新機種が続々登場するスマホと比べ、どうしても機種選択の幅が少ないガラケー。デザインにこだわって選ぶなら、ぜひ注目したいのが+Styleから登場したスタイリッシュなフィーチャーフォン「Punkt. MP02(プンクトエムピーゼロツー)4G」(4万4064円)。これ、めちゃめちゃカッコイイです。

オールブラックのカラーリングがこれまでにない強烈な個性を放つ「Punkt. MP02」。幅51.3mm高さ117mmと、片手で操作しやすいコンパクトな縦長筐体で、重さは約100g。外装にはグラスファイバーを採用、高い耐摩耗性とともに独特の質感を楽しめます。極めてミニマルにデザインされた円形キーはバックライト付きで、左側1列に機能ボタンを並べた独特の配置も個性的です。

▲片手で操作しやすいサイズ感

搭載機能は、通話/電話帳機能、SMS機能、電卓機能、カレンダー機能、リマインダー付きメモ機能、時計および各種タイマー機能など、ごくシンプルなものだけ。テザリング機能を備えているため、必要であればタブレットやPCを接続してネットにアクセスすることもできるようになっています。

ハードウェアスペックに目を向ければ、チップセットはQualcomm Snapdragon 210、Android 8.1(AOSP版)を採用。背面には1.5W出力のスピーカーを搭載し、音割れしにくくクリアな音声通話を可能にしています。バッテリー容量は1280mAh、メモリは2GBでストレージは16GB、またノルウェーのサウンドアーティスト・Kjetil Røst Nilsenが手がけたオリジナルの着信音がプリセットされています。

日本語入力にも対応しており、入力予測文字やユーザー辞書、スタイリッシュなモノクロ絵文字も搭載。またBlackBerry製品以外としては世界で初めて、独自の暗号キーである“BlackBerry Secure”を採用。起動やアップデートの際にファームウェアとハードウェアを都度確認することで、マルウェアやウイルスの脅威から守ります。

機能はストイックなまでにそぎ落としていますから、スマホのように「これ1台でなんでもOK」というわけにはいきません。ある程度使い方は割り切る必要がありますが、なんといってもこの潔いシンプルさがカッコイイ!

ミニマル志向の現代的なライフスタイルの中では、こんな選択もアリかもしれません。7月20日現在予約受付中、発売は8月8日からとなっています。

>> +Style「Punkt. MP02 4G」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング