汗でも雨でもタフに使える骨伝導式のワイヤレスヘッドホン

&GP / 2019年7月27日 18時0分

写真

汗でも雨でもタフに使える骨伝導式のワイヤレスヘッドホン

骨を振動させることで音を伝える “骨伝導タイプ” のイヤホンやヘッドホンは、耳穴を塞がずにサウンドを楽しめるのが特徴です。ただ、通常のイヤホン等に比べて音質面が落ちるという、あまりに残念過ぎるウイークポイントが…。

せっかくの技術も、これでは宝の持ち腐れですよね。こんな状況を覆す骨伝導ヘッドホンが、気鋭のオーディオブランド・AfterShokz(アフターショックス)より登場しました。

「Aeropex(アエロペックス)」(1万9634円)は、ハイクオリティな音質を実現した骨伝導タイプのヘッドホンです。耳にかける形でヘッドホン本体を装着し、スピーカーに相当する部分は耳の根元部に接触。ここからの振動により、内耳へサウンドを伝達します。

耳の穴を塞がないため長時間の装着でも疲れにくく、また周囲からの会話や問い掛け、警告音などを聞き逃すことなくサウンドを楽しめます。

“PremiumPitch 2+” 技術により、骨伝導タイプの弱点だった音質面が大幅に向上。顔に対して30度の傾きになるように設計されたことで、不快な振動と音漏れを防ぎつつ、高音から低音まで幅広い音域をカバーする高い音質も実現しています。

180mAhのバッテリーとマイクを内蔵し、約2時間のフル充電で約8時間に及ぶ音楽再生&通話が可能。IP67準拠の高い防塵防水性能を備えており、急な雨やトレーニング時の汗といった水滴はもちろん、砂やホコリ等もしっかりガードします。

スマホ等への接続はBluetooth 5.0で行い、ワイヤレス・レンジは最大で約10m。プロファイルもA2DP/AVRCP/HSP/HFPと幅広く対応します。

本体サイズは、幅約100mm×奥行約120mm×高さ(耳にかける部分)35mm。チタンフレーム製で重さは約26gと超軽量。抜群のフィット感で、スポーツやトレーニングなどの激しい運動時にも気になりません。カラーはコズミックブラックのみです。

骨伝導タイプに対するネガなイメージが一新されること間違いなしの次世代骨伝導ヘッドホンで、サウンドライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

>> AfterShokz

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング